科学略号の検索サイト「なのに〜る」

 
profitable emission reduction (PER)
 

(1) Plant-Wide Scheduling for Profitable Emission Reduction in Petroleum Refineries (Ind. Eng. Chem. Res. 2018, 57, 9471−9488; 10.1021/acs.iecr.8b00337) N, em, PM, NOx, VOC, PER

 
 
 
Republic of Peru (PER)
 
 
 
 
perylene (Per)
 
 

(1) Self-Assembly of Bispentadecylphenol Substituted Perylenediimide with PS-b-P4VP for Structure–Property Insight into the Core of Core–Shell Micelles (ACS Appl. Polym. Mater. 2020, 2, 805−816; 10.1021/acsapm.9b01099) P4VP, NS, LS, PDP, pt, St, Sn, EM, PSt, pyr, NH2, VP, 4VP, 100-43-6, ViPy, expt., PY, Per

(2) Dynamic-Covalent Hydrogel with NIR-Triggered Drug Delivery for Localized Chemo-Photothermal Combination Therapy (Biomacromolecules 2020, 21, 556−565; 10.1021/acs.biomac.9b01290) PTT, HA, PS, PT, DO, Doxo, DOX, H, Sn, O, VC, AA, NP, IH, NIR, sens, curr., PY, Per

(3) Highly Selective Gas Sensors Based on Graphene Nanoribbons Grown by Chemical Vapor Deposition (ACS Appl. Mater. Interfaces 2020, 12, 7392−7402; 10.1021/acsami.9b13946) at., lb, EF, NRB, GNR, 109-73-9, Et, PrOH, O, CH3CH2OH, Bu, DEA, TEtA, TriEA, NH2, CVD, decompn., CH3OH, VOC, PY, Per

(4) A perylene diimide-based near-IR ratiometric sensor for detection of Cu2+ ions: ensemble for discrimination of CN− and S2− ions (Anal. Methods 2020, 12, 758−767; 10.1039/C9AY02726B) PY, Per

(5) XCage: A Tricyclic Octacationic Receptor for Perylene Diimide with Picomolar Affinity in Water (J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 3165−3173; 10.1021/jacs.9b12982) esp., CP, FL, em, St, Sn, ET, ABS, PY, Per

 
 
 
proboscis extension response (PER)
 
 
 
February 21, 2020
ケイデンスを上げる。
February 21, 2020
青色光照射下での反応です。
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (7), 3366−3370.
February 20, 2020
株主総会の日。
February 20, 2020
エノラートの幾何異性制御。
Org. Lett. 2020, 2 (3), 791−794.
February 19, 2020
氷点下5度割れ。
February 19, 2020
DBUで落とすのかと思ってました。
Chem. Lett. 2020, 49 (3), 252−253.
February 18, 2020
「呉カレーふりかけ」なるものを試した。
February 18, 2020
不斉反応です。
Org. Lett. 2020, 22 (3), 1135−1138.
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
November 29, 2019
iPhoneのポイントカードアプリが増える増える。
January 27, 2016
最近は少し「ふつう」になりました。
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
May 12, 2016
時代はどんどん進んでいきますね
October 28, 2019
可視光照射下での[4+2]環化付加。
Angew Chem. Int. Ed. 2019, 58 (44), 15762−15766.
April 25, 2019
まとめました。
H4OやH14などの分子構造をむりくり計算しました。信じるも信じないもあなた次第。
August 26, 2019
アレンと鉛ヒドリドの反応。
Chem. Commun. 2019, 55 (69), 10238−10240.
December 25, 2019
チキンレッグを温める。
June 23, 2017
ケイ素-炭素結合て、案外切れやすいんですよね。
January 23, 2016
シンプルな水素還元てのもいいですね。
September 8, 2017
カルボニル化合物としてアセトン、ルイス酸として3フッ化ホウ素をピックアップ。
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
November 22, 2016
何を習ったかを思い出せ。
June 7, 2016
放電すると残量が増えていく!
December 29, 2015
JavascriptとPerlを組み合わせ、アクセスランキングなどをWebに表示させたいときなどに使います。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 29, 2015
忘れないように書き留めておきました。
(c) Nanoniele, 2003-