科学略号の検索サイト「なのに〜る」

December 13, 2019
13日の金曜日。
December 13, 2019
タイトル見て唄った人はオッサンです。
Chem. Commun. 2019, 55 (100), 15105−15108.
December 12, 2019
まとめました。
December 12, 2019
PhCMe(CN)2
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (49), 19257−19262.
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
June 22, 2016
メタクリル酸の原子移動ラジカル重合て、難しかったんですね。
January 13, 2016
アルキンからアレンへの異性化でも起こってるんじゃないかなぁと、直感的に。
January 10, 2019
FLPでアミドを還元的に水素化。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (1), 159−162.
June 6, 2017
反応の最初のステップは何かということでしょうね。
April 9, 2019
脱メチル化ではなさそう。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (16), 5392−5395.
June 5, 2019
ヨードニウム塩を酸化剤として…あれ?。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (24), 8192−8196.
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
December 10, 2019
再現性を確認した日。
December 22, 2015
カルベン錯体なのかアルキリデン錯体なのか、ようわからんね。
December 4, 2019
掛け算の「順序」とするからややこしくなる。
December 5, 2019
溶媒要らず、エピマー化なし。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (48), 18926−18926.
July 5, 2016
酸化的付加にもいろいろある。
December 6, 2019
ハンバーグお試しの日。
December 9, 2019
バッテリがヘタる理由がなんとなくわかった日。
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
December 2, 2019
エブリカ使い始めました。
November 27, 2019
反応経路の途中の分かれ道。
Org. Lett. 2019, 21 (22), 9153−9157.
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
(c) Nanoniele, 2003-