科学略号の検索サイト「なのに〜る」

January 25, 2020
ローカルな言葉を中心に。
January 24, 2020
四国までドライブしてきました。
January 24, 2020
シリルピナコールボランに嫉妬。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (4), 1455−1459.
January 23, 2020
雨降り2日目。
January 23, 2020
Michael反応て3成分カップリングの典型例ですよね。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (4), 1455−1459.
January 22, 2020
春節と雨。
January 22, 2020
クリック反応で合成します。
Chem. Lett. 2020, 49 (1), 14−16.
January 21, 2020
ファンタ背負って激坂登り。
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
November 5, 2019
午前中は外で雑務。
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
April 25, 2019
まとめました。
June 21, 2019
ヒドロデハロゲネーション。
Chem. Commun. 2019, 55 (50), 7247−7250.
April 9, 2019
脱メチル化ではなさそう。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (16), 5392−5395.
January 16, 2019
塩化セリウム/有機リチウムといえばImamoto reagentですよね。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (4), 1188−1192.
June 25, 2019
努力と根性の跡。
Org. Lett. 2019, 21 (12), 4486−4489.
August 19, 2019
触媒反応ならなお良かった。
Chem. Commun. 2019, 55 (66), 9837−9840.
June 26, 2019
この論文にも努力と根性の跡が。
Org. Lett. 2019, 21 (12), 4632−4637.
January 8, 2020
暴風に起こされた日。
July 1, 2019
アタマと反応剤は使いよう
Chem. Eur. J. 2019, 25 (36), 8508−8512.
December 29, 2015
JavascriptとPerlを組み合わせ、アクセスランキングなどをWebに表示させたいときなどに使います。
July 24, 2019
反応の「もう一つの」美しさ。
Chem. Commun. 2019, 55 (59), 8635−8638.
May 29, 2019
ただのハロゲン化反応のような気もしますが何かあるのかも。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (22), 7485−7489.
July 3, 2019
1箇所二重結合を入れとくのがいいのでしょうか。
J. Org. Chem. 2019, 84 (12), 8019−8026.
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 20, 2019
ブールバール攻略。
December 6, 2019
ハンバーグお試しの日。
December 11, 2019
なんでまた大量に使う
Org. Lett. 2019, 21 (23), 9759−9762.
December 10, 2019
再現性を確認した日。
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
(c) Nanoniele, 2003-