Archive|Nanoniele|MakiokaFufudo

 

[読みたい論文] 固めて引っ張るカルボラン

Viewed: 05:04:56 in January 30, 2020

Posted: April 28, 2016
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

これは励起、それとも吸収?

スペクトルが重なってるてことは、UV吸収かなぁ。

[Tetrahedron Lett. 2016, 57 (19), 2025−2028]
Synthesis and properties of highly-rigid conjugation system based on bi(benzo[b]thiophene)-fused o-carborane (Nishino, Kenta; Hashimoto, Kazushi; Tanaka, Kazuo; Morisaki, Yasuhiro; Chujo, Yoshiki)
Web: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S004040391630291X

Graphical Abstractお借りしますね。


中條先生@京都大学。

電子リッチなπ共役系と、電子プアなカルボランの組み合わせ。

カルボランとπ共役系をうまくつないで、単結合の回転をなくしているのが通好み。

おかげで発光スペクトルも綺麗に現れてて、鋭いピークがたくさん。

GA中の2つのスペクトルが一部重なってるのがいいですね。発光スペクトルのそれぞれのピークについて、励起スペクトルを測定するとどんなふうになるのか興味ありなのですが、そのあたりのこと、論文本体で議論されてるのでしょうか。

そのあたりのことを知りたいので、読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] なるほどわからんがPd錯体のおはなし
σとπの寄与度が云々というという話のような気はするが…

[読みたい論文] ロジウム室温脱水素カップリング
触媒?そりゃわかる。わからんのはだな…

[読みたい論文] タングステンシリリン錯体
これ確かに塩基とか酸とか書いとかんとわからんわ。

[読みたい論文] ルテニウムのSi-H σ錯体
Si-H σ錯体であるとした根拠が知りたい。

[読みたい論文] アルキル基の位置はそこ?
私が知ってるdmpとはちょっと違う

[読みたい論文] 確かに脱水素カップリングではあるが
これ、アルデヒドをアミンでトラップしただけなんじゃ?

[読みたい論文] また来たよMolander
赤と青の輪っかでおなじみ

[読みたい論文] 一発アジド変換
2発、3発は無理ですか?

[読みたい論文] 昔インターエレメント、今だと元素戦略かな
割と長い研究テーマ。

[読みたい論文] 見慣れないこの化合物…
化学に触れて30年近くになるのですが…