科学略号の検索サイト「なのに〜る」

January 24, 2020
四国までドライブしてきました。
January 24, 2020
シリルピナコールボランに嫉妬。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (4), 1455−1459.
January 23, 2020
雨降り2日目。
January 23, 2020
Michael反応て3成分カップリングの典型例ですよね。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (4), 1455−1459.
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
July 22, 2019
アニオンもカチオンもでっかい。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (28), 11000−11003.
May 17, 2019
ボロン酸を以ってボロン酸エステルを制す。
Org. Lett. 2019, 21 (9), 3048−3052.
August 26, 2019
アレンと鉛ヒドリドの反応。
Chem. Commun. 2019, 55 (69), 10238−10240.
July 30, 2019
C−H結合活性化。ラジカル的ではなさそう。
Chem. Lett. 2019, 48 (8), 898−901.
July 24, 2019
反応の「もう一つの」美しさ。
Chem. Commun. 2019, 55 (59), 8635−8638.
February 25, 2019
ACS発行の有機化学系速報誌について調べました。
February 20, 2019
ホスフィンとピナコールボランから。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (9), 2850−2853.
July 5, 2017
リビング重合といえば源さん。
H4OやH14などの分子構造をむりくり計算しました。信じるも信じないもあなた次第。
May 29, 2019
ただのハロゲン化反応のような気もしますが何かあるのかも。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (22), 7485−7489.
December 20, 2019
ブールバール攻略。
December 29, 2015
忘れないように書き留めておきました。
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 6, 2019
ハンバーグお試しの日。
December 11, 2019
なんでまた大量に使う
Org. Lett. 2019, 21 (23), 9759−9762.
December 10, 2019
再現性を確認した日。
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
(c) Nanoniele, 2003-