科学略号の検索サイト「なのに〜る」

 
atom-transfer carbonylation (ATC)
 

(1) Cu-Catalyzed Hydroxymethylation of Unactivated Alkyl Iodides with CO To Provide One-Carbon-Extended Alcohols (Angew. Chem. Int. Ed. 2018, 57, 5867−5870; 10.1002/anie.201801814) C, H, R, Alk, FG, ATC

 
 
 
3-acetylcamporate (atc)
 
 
 
 
asymmetrical temperature control (ATC)
 
 
 
 
acid transforming chitosan (ATC)
 

(1) Aqueous-Soluble, Acid-Transforming Chitosan for Efficient and Stimuli-Responsive Gene Silencing (Biomacromolecules 2018, 19, 1508−1516; 10.1021/acs.biomac.8b00170) MI, NA, CHIT, CHI, CTS, CS, ATC

 
 
 
auto tandem catalysis (ATC)
 

(1) Integrated-Trifunctional Single Catalyst with Fine Spatial Distribution via Stepwise Anchored Strategy for Multistep Autotandem Catalysis (ACS Sustainable Chem. Eng. 2020, 8, 966−976; 10.1021/acssuschemeng.9b05617) esp., bp, H, Bn, MN, curr., ATC

(2) Auto-Tandem Cooperative Catalysis Using Phosphine/Palladium: Reaction of Morita–Baylis–Hillman Carbonates and Allylic Alcohols (Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58, 4036−4040; 10.1002/anie.201814403) BH, MBH, 142-29-0, Pd, Cat, AA, Al, as, ATC, C

(3) BrÃnsted Base-Catalyzed Reductive Cyclization of Alkynyl α-Iminoesters through Auto-Tandem Catalysis (Org. Lett. 2018, 20, 5309−5313; 10.1021/acs.orglett.8b02236) DDT, ATC, C

(4) Auto-Tandem Catalysis: PdII-Catalysed Dehydrogenation/Oxidative Heck Reaction of Cyclopentane-1,3-diones (Chem. Eur. J. 2017, 23, 18282−18288; 10.1002/chem.201704442) Cat, CPD, CyC5, ATC

(5) Palladium-Catalyzed Carbocyclizations of Unactivated Alkyl Bromides with Alkenes Involving Auto-tandem Catalysis (J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 11595−11600; 10.1021/jacs.7b06794) Pd, Cat, C, R, Alk, ATR, ATRC, CO, ATC

 
 
 
Anatomical Therapeutic Chemical Classification System (ATC)
 

(1) Large-Scale Prediction of Beneficial Drug Combinations Using Drug Efficacy and Target Profiles (J. Chem. Inf. Model. 2015, 55, 2705−2716; 10.1021/acs.jcim.5b00444) ATC

 
 
 
amino thioacid coupling (ATC)
 
 
 
February 21, 2020
ケイデンスを上げる。
February 21, 2020
青色光照射下での反応です。
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (7), 3366−3370.
February 20, 2020
株主総会の日。
February 20, 2020
エノラートの幾何異性制御。
Org. Lett. 2020, 2 (3), 791−794.
February 19, 2020
氷点下5度割れ。
February 19, 2020
DBUで落とすのかと思ってました。
Chem. Lett. 2020, 49 (3), 252−253.
February 18, 2020
「呉カレーふりかけ」なるものを試した。
February 18, 2020
不斉反応です。
Org. Lett. 2020, 22 (3), 1135−1138.
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
November 29, 2019
iPhoneのポイントカードアプリが増える増える。
January 27, 2016
最近は少し「ふつう」になりました。
May 12, 2016
時代はどんどん進んでいきますね
October 28, 2019
可視光照射下での[4+2]環化付加。
Angew Chem. Int. Ed. 2019, 58 (44), 15762−15766.
April 25, 2019
まとめました。
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
H4OやH14などの分子構造をむりくり計算しました。信じるも信じないもあなた次第。
August 26, 2019
アレンと鉛ヒドリドの反応。
Chem. Commun. 2019, 55 (69), 10238−10240.
December 25, 2019
チキンレッグを温める。
June 23, 2017
ケイ素-炭素結合て、案外切れやすいんですよね。
January 23, 2016
シンプルな水素還元てのもいいですね。
September 8, 2017
カルボニル化合物としてアセトン、ルイス酸として3フッ化ホウ素をピックアップ。
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
November 22, 2016
何を習ったかを思い出せ。
June 7, 2016
放電すると残量が増えていく!
December 29, 2015
JavascriptとPerlを組み合わせ、アクセスランキングなどをWebに表示させたいときなどに使います。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 29, 2015
忘れないように書き留めておきました。
(c) Nanoniele, 2003-