科学略号の検索サイト「なのに〜る」

 
Ehrlich ascites carcinoma (EAC)
 

(1) Fatty-Amine-Conjugated Cationic Bovine Serum Albumin Nanoparticles for Target-Specific Hydrophobic Drug Delivery (ACS Appl. Nano Mater. 2019, 2, 3671−3683; 10.1021/acsanm.9b00607) NS, DO, Doxo, DOX, Asp, D, E, Glu, IEP, IEPS, pI, SA, NH2, EAC, NP, ZP, DDS, BSA

(2) Synthesis, characterization and tumor inhibitory activity of a novel Pd(ii) complex derived from methanethiol-bridged (2-((1H-benzo[d]imidazol-2-yl)methylthio)-1H-benzo[d]imidazol-6-yl)(phenyl)methanone (New J. Chem. 2019, 43, 790−806; 10.1039/C8NJ03057J) CT, bp, ds, EAC, bim, MSH

(3) Copper complexes as prospective anticancer agents: in vitro and in vivo evaluation, selective targeting of cancer cells by DNA damage and S phase arrest (RSC Adv. 2018, 8, 16973−16990; 10.1039/C8RA00954F) VdW, FA, FAK, TSC, Cu, FL, H, NHDF, CP, HB, EAC, HDF

(4) Synthesis, characterization, photoluminescence and cytotoxic properties of novel luminescent Eu(III)complexes based on chromone Schiff base (J. Mol. Struct. 2018, 1161, 26−33; https://doi.org/10.1016/j.molstruc.2017.12.022) FL, PL, em, EAC, SB

(5) Hydrothermal preparation and physicochemical studies of new copper nano-complexes for antitumor application (J. Mol. Struct. 2018, 1155, 765−775; https://doi.org/10.1016/j.molstruc.2017.11.043) Cu, SAR, ABS, EAC

 
 
 
environmentally assisted cracking (EAC)
 

(1) Environmentally assisted cracking performance research on casing for sour gas wells (J. Pet. Sci. Eng. 2017, 158, 729−738; https://doi.org/10.1016/j.petrol.2017.08.050) RS, S, EAC

(2) Environmentally Assisted Cracking in Silicon Nitride Barrier Films on Poly(ethylene terephthalate) Substrates (ACS Appl. Mater. Interfaces 2016, 8, 27169−27178; 10.1021/acsami.6b06417) TD, PETE, PET, N, Si, PE, OM, EAC

 
 
 
electron accepting capacity (EAC)
 
 
 
February 20, 2020
エノラートの幾何異性制御。
Org. Lett. 2020, 2 (3), 791−794.
February 19, 2020
氷点下5度割れ。
February 19, 2020
DBUで落とすのかと思ってました。
Chem. Lett. 2020, 49 (3), 252−253.
February 18, 2020
「呉カレーふりかけ」なるものを試した。
February 18, 2020
不斉反応です。
Org. Lett. 2020, 22 (3), 1135−1138.
February 17, 2020
ステーキハウス但馬でステーキランチをいただきました。
February 17, 2020
デヒドロヒドロアリール化?。
Org. Lett. 2020, 22 (3), 1124−1129.
February 14, 2020
大根を食い尽くす。
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
April 19, 2018
広島でちょっと有名なあれです。
June 8, 2017
フリッツ・ロンドンさんご提唱。
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2020年1〜3月)。
October 23, 2019
まとめました。コインランドリーでプログラミング。
August 19, 2019
触媒反応ならなお良かった。
Chem. Commun. 2019, 55 (66), 9837−9840.
May 17, 2019
ボロン酸を以ってボロン酸エステルを制す。
Org. Lett. 2019, 21 (9), 3048−3052.
May 7, 2018
アセトンの略語があるとは驚きです。
May 8, 2019
アルコキシル基が脱離します。
Org. Lett. 2019, 21 (8), 2913−2917.
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
February 12, 2020
ハラミステーキをいただきました。
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
November 22, 2016
何を習ったかを思い出せ。
June 7, 2016
放電すると残量が増えていく!
December 29, 2015
JavascriptとPerlを組み合わせ、アクセスランキングなどをWebに表示させたいときなどに使います。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 29, 2015
忘れないように書き留めておきました。
(c) Nanoniele, 2003-