科学略号の検索サイト「なのに〜る」

 
glycyrrhiza glabra (GG)
 

(1) Functional Characterization and Structural Basis of an Efficient Di-C-glycosyltransferase from Glycyrrhiza glabra (J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 3506−3512; 10.1021/jacs.9b12211) H, Sn, GT, GG

(2) Saponins from European Licorice Roots (Glycyrrhiza glabra) (J. Nat. Prod. 2018, 81, 1734−1744; 10.1021/acs.jnatprod.8b00022) GG

(3) Estrogen Receptor (ER) Subtype Selectivity Identifies 8-Prenylapigenin as an ERÎ Agonist from Glycyrrhiza inflata and Highlights the Importance of Chemical and Biological Authentication (J. Nat. Prod. 2018, 81, 966−975; 10.1021/acs.jnatprod.7b01070) AP, AP, ER, ALP, BCC, GG, QC, Luc

(4) Suzuki–Miyaura coupling catalyzed by palladium nanoparticles biosynthesized using Glycyrrhiza glabra as reducing and stabilyzing agent (Appl Organometal Chem 2018, 32, n/a−n/a; 10.1002/aoc.4138) Pd, Cat, AP, GG, NP, Ar

(5) From Vegetable Waste to New Agents for Potential Health Applications: Antioxidant Properties and Effects of Extracts, Fractions and Pinocembrin from Glycyrrhiza glabra L. Aerial Parts on Viability of Five Human Cancer Cell Lines (J. Agric. Food Chem. 2017, 65, 7944−7954; 10.1021/acs.jafc.7b03045) GG, LPO

 
 
 
geranylgeranyl (GG)
 

(1) Phloroglucinol Benzophenones and Xanthones from the Leaves of Garcinia cowa and Their Nitric Oxide Production and α-Glucosidase Inhibitory Activities (J. Nat. Prod. 2020, 83, 164−168; 10.1021/acs.jnatprod.9b00849) lb, GG

(2) Identifying Vitamin E Biosynthesis Genes in Elaeis guineensis by Genome-Wide Association Study (J. Agric. Food Chem. 2020, 68, 678−685; 10.1021/acs.jafc.9b03832) GG

(3) QM/MM study of the taxadiene synthase mechanism (J Comput Chem 2019, 40, 1902−1910; 10.1002/jcc.25846) GG, MM, QM, FF

(4) QM/MM study of the taxadiene synthase mechanism (J Comput Chem 2019, 40, 1902−1910; 10.1002/jcc.25846) GG, MM, QM, FF

 
 
 
gas phase grafting (GG)
 

(1) Exploring the Interaction of Ammonia with Supported Vanadia Catalysts by Continuous Wave and Pulsed Electron Paramagnetic Resonance Spectroscopy (J. Phys. Chem. C 2019, 123, 7861−7869; 10.1021/acs.jpcc.8b07027) V, GG, N, EPR, ESR, hf, CW, NH3, e-, C

 
 
February 25, 2020
三井アウトレットパーク倉敷に行ってきました。
February 25, 2020
マグネシウム触媒を使います。
Org. Lett. 2020, 22 (4), 1594−1598.
February 21, 2020
ケイデンスを上げる。
February 21, 2020
青色光照射下での反応です。
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (7), 3366−3370.
February 20, 2020
株主総会の日。
February 20, 2020
エノラートの幾何異性制御。
Org. Lett. 2020, 2 (3), 791−794.
February 19, 2020
氷点下5度割れ。
February 19, 2020
DBUで落とすのかと思ってました。
Chem. Lett. 2020, 49 (3), 252−253.
January 21, 2020
PLICTでソルバトクロミズム
Chem. Lett. 2020, 49 (1), 10−13.
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
January 21, 2020
ファンタ背負って激坂登り。
September 29, 2016
賭けてたらお縄ですって。
H4OやH14などの分子構造をむりくり計算しました。信じるも信じないもあなた次第。
July 16, 2019
アルケンの炭素を1つ捨てます。
Org. Lett. 2019, 21 (13), 4966−4970.
April 20, 2016
私が知ってるdmpとはちょっと違う
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
March 11, 2016
分子ではないですよ。
October 23, 2019
「カルベン」をどうやって確認したんだろう。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (41), 16227−16231.
April 12, 2019
ジアゾ化合物不要なのが売りのようです。
Org. Lett. 2019, 21 (7), 2265−2268.
December 26, 2015
Sbsk先生だったかSsi先生だったか、どなたかがおっしゃっていました。
September 10, 2018
25年以上前から闘い(?)は続いています。
January 27, 2020
開環メタセシス重合。
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (3), 1186−1189.
September 22, 2019
一瞬の不注意でこんなことに。
October 18, 2019
アルミニウム(I)とアレーンからの酸化的付加反応。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (43), 15496−15503.
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
November 22, 2016
何を習ったかを思い出せ。
June 7, 2016
放電すると残量が増えていく!
December 29, 2015
JavascriptとPerlを組み合わせ、アクセスランキングなどをWebに表示させたいときなどに使います。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 29, 2015
忘れないように書き留めておきました。
December 20, 2019
ブールバール攻略。
(c) Nanoniele, 2003-