[読みたい論文] ベンジルC-Hアリール化2連チャン

Viewed: 10:43:36 in December 16, 2019

Posted: June 15, 2017
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

久しぶりに2連チャンを見たような気がします。

シンプルな反応の論文ですからね。

1つ目。

[J. Am. Chem. Soc. 2017, 139 (23), 7705−7708]
Feedstocks to Pharmacophores: Cu-Catalyzed Oxidative Arylation of Inexpensive Alkylarenes Enabling Direct Access to Diarylalkanes (Vasilopoulos, Aristidis; Zultanski, Susan L.; Stahl, Shannon S.)
Web:https://doi.org/10.1021/jacs.7b03387

Graphical Abstractお借りしますね。

2つ目。

[J. Am. Chem. Soc. 2017, 139 (23), 7709−7712]
Copper-Catalyzed Arylation of Benzylic C–H bonds with Alkylarenes as the Limiting Reagents (Zhang, Wen; Chen, Pinhong; Liu, Guosheng)
Web:https://doi.org/10.1021/jacs.7b03781

Graphical Abstractお借りしますね。

どちらもベンジル炭素ー水素活性化を経るアリール基の導入、そして、Cu(I)触媒を使っています。アリール源は、ボロン酸。

1つ目の論文は、tBuOOButを使っているあたりモロにラジカル反応を意識しているようですが、2つ目の論文のNFSI(N-fluorobenzenesulfonimide)と反応機構の関係がちょっと思いつきません。フッ化物イオンでボロン酸のアリール基の脱離を促しているのかとは思いますが、NFSIのもう一方の片割れで何をしたいのか、ですね。酸化剤といて機能させたいのかなという気はしますが、具体的にはどうかと。

両論文の違いをよく知りたいので、読みたい論文に追加です。特に反応機構について。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] 水素原子移動でシリルエノラート
これ、エステルのシリルエノラートにはできない。

重曹で洗濯物の生乾き臭を防ぐいい方法
化学にちょっと詳しい私のやり方。

[読みたい論文] 実はシリル基の種類が鍵
シリル基て、ちょっと構造が違うだけで、ね。

[読みたい論文] どっちがcisでどっちがtransかいな
エナンチオピュアて、日本語でどういうの?

[読みたい論文] トリウムでもいけるのか
錯体の安定性も気になるところ。

[読みたい論文] pKa選んでるのかなぁ
銅とピバリン酸。よく見かける組み合わせです。

[読みたい論文] カリウムイオン検出はまかせろー
イオン半径とエネルギー移動あたりかなぁ

iPhone用Twitterrificの画像を非表示にする方法
Twitterrificのタイムライン上に現れる画像を表示させない方法を紹介します。

[読みたい論文] 反応機構知りたい: 1,3-ジカルボニル化合物とアルキンへの付加反応
アルキンからアレンへの異性化でも起こってるんじゃないかなぁと、直感的に。

[読みたい論文] 速度論的同位体効果: 150倍!
低温ではなく、25℃でこの数値です。