科学略号の検索サイト「なのに〜る」

 
ethyl acetate (AcOEt)
 
 

(1) High-Throughput Liquid–Liquid Extractions with Nanoliter Volumes (Anal. Chem. 2020, 92, 3189−3197; 10.1021/acs.analchem.9b04915) aq., det., OAc, A, Et, ESI, MS2, MS/MS, log P, curr., AcOEt

(2) Dehydrogenative Coupling of Benzylic and Aldehydic C–H Bonds (J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 3366−3370; 10.1021/jacs.9b13920) Ni, Ir, OAc, A, Et, H, N, Sn, Bn, PhH, BZ, Nme, VL, AcOEt

(3) Preparative Isolation of Piceatannol Derivatives from Passion Fruit (Passiflora edulis) Seeds by High-Speed Countercurrent Chromatography Combined with High-Performance Liquid Chromatography and Screening for α-Glucosidase Inhibitory Activities (J. Agric. Food Chem. 2020, 68, 1555−1562; 10.1021/acs.jafc.9b04871) esp., det., lb, 10083-24-6, Res, OAc, A, Et, ESI-MS, Sn, Hx, ESI, CH3CH2OH, CCC, HSCCC, HRESIMS, CH3OH, AGI, curr., nHEX, C6H14, PhOH, AcOEt

(4) Measurement and Correlation of the Solubility of Aspirin in Four Binary Solvent Mixtures from T = 283.15 to 323.15 K (J. Chem. Eng. Data 2020, 65, 856−868; 10.1021/acs.jced.9b01057) av., OAc, A, Et, PrOH, Hx, CH3CH2OH, DMK, MCH, CHX, cy-hex, thermodn., soly., AcOEt

(5) Measurement and Modeling of the Solubility of N,N-Dibenzylhydroxylamine in 17 Solvents from T = 273.15 to 323.35 K and Thermodynamic Properties of Solution (J. Chem. Eng. Data 2020, 65, 828−840; 10.1021/acs.jced.9b01028) det., ACN, AN, ANT, ODCB, MeCN, OAc, A, Et, Sn, AP, Bn, PrOH, PhH, BZ, CH3CH2OH, DMK, TCB, PhMe, NH2, thermodn., C2H6, soly., WLN, expt., CH3OH, CB, PhCl, DCB, AcOEt

 
 
February 21, 2020
ケイデンスを上げる。
February 21, 2020
青色光照射下での反応です。
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (7), 3366−3370.
February 20, 2020
株主総会の日。
February 20, 2020
エノラートの幾何異性制御。
Org. Lett. 2020, 2 (3), 791−794.
February 19, 2020
氷点下5度割れ。
February 19, 2020
DBUで落とすのかと思ってました。
Chem. Lett. 2020, 49 (3), 252−253.
February 18, 2020
「呉カレーふりかけ」なるものを試した。
February 18, 2020
不斉反応です。
Org. Lett. 2020, 22 (3), 1135−1138.
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
February 6, 2020
フマル酸とマレイン酸の覚え方。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (7), 2760−2763.
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
November 22, 2016
何を習ったかを思い出せ。
March 4, 2019
還元剤はこれ。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (8), 3664−3669.
February 7, 2020
酸化的脱保護。
Chem. Lett. 2020, 49 (2), 191−194.
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2020年1〜3月)。
May 21, 2019
金属単体でではないです。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (21), 7025−7029.
July 10, 2019
ハロゲン化アリールと、Pd触媒下で。
Chem. Lett. 2019, 48 (8), 760−763.
October 7, 2019
まとめました。全身筋肉痛。
November 19, 2014
頻繁にフリーズとかハングアップとか、そんなやつが頻繁に起こるようになったのです。
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
June 7, 2016
放電すると残量が増えていく!
December 29, 2015
JavascriptとPerlを組み合わせ、アクセスランキングなどをWebに表示させたいときなどに使います。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 29, 2015
忘れないように書き留めておきました。
(c) Nanoniele, 2003-