[読みたい論文] ケイ素-炭素結合: そこが切れますか。

Viewed: 12:42:36 in December 6, 2019

Posted: June 23, 2017
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

ケイ素-炭素結合て、案外切れやすいんですよね。

そこが切れるか!というケースがある。

[Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56 (27), 7991−7994]

Selective Si−C(sp3) Bond Cleavage in (Aminomethyl)silanes by Carbanionic Nucleophiles and Its Stereochemical Course (Koller, Stephan G.; Bauer, Jonathan O.; Strohmann, Carsten)

Web: http://dx.doi.org/10.1002/anie.201702410

Graphical Abstractお借りしますね。

ヒドロシランと有機リチウムの反応でケイ素原子上の水素原子が有機基に置き換わるというのは1940年代あたりでも報告されているのを見かけますが、炭素−ケイ素結合については、どうでしょうか。ちょっと記憶がありません。フォローできていないのかもしれませんが。

ケイ素原子には「手が4本生えている」わけですから、ケイ素-炭素結合切断反応も、その選択性が重要になってくるわけです。

アミノメチル基と特定の置換メチル基がケイ素原子上に結合されたシランと有機リチウムを反応させると、特定の置換メチル基が脱離して有機基に置換される、というのが、この論文の売りというか、そういうもののようです。

有機リチウムのリチウム原子を窒素原子に配位させて反応を制御するのが鍵なんだろうと思います。

そして、この反応がケイ素中心に関して立体反転であることも、押さえておくべき。

気になるのがGA中のR’とR”。どんなものなんだろうと、Supporting Informationを見ました。両方メチル基、片方がメチル基でもう一方がフェニル基、両方がフェニル基、というパターンですね。

反応機構について知りたいですね。そんなわけで、、読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] N3plusですか?
N3+て、あまり見かけないような気がします。

[読みたい論文] シリレン対ボリレン
この闘いはシリレンの勝利に終わりました。

[読みたい論文] シラノールとジボロンの反応: ホウ素と酸素はなかよし
実にシンプル。

[読みたい論文] ナトリウムぶっこみたい
いい色になるでしょうね。

[読みたい論文] 金属が要らないザンドなんとか
大学1年生の時に習いました。

[読みたい論文] 不斉ニトロアルドール反応: あれから23年
当時院生だった私、JACS見たときはびっくらこいた

[読みたい論文] 芳香族性ぶっこわし
付加体の水素て、どっから来たん?

[読みたい論文] LiHMDSの行方は?
硫黄切断シリーズ

[読みたい論文] アクリル酸の原子移動ラジカル重合
メタクリル酸の原子移動ラジカル重合て、難しかったんですね。

[読みたい論文] ケトンよりもケイ素の不斉反応を頼む
アセトフェノンのヒドロシリル化、前からあったような。