[読みたい論文] ぐりんぐりんやってπ共役高分子を作ります

Viewed: 13:53:55 in January 25, 2020

Posted: December 23, 2019

Direct Mechanocatalysis: Palladium as Milling Media and Catalyst in the Mechanochemical Suzuki Polymerization (Vogt, Christian G.; Grätz, Sven; Lukin, Stipe; Halasz, Ivan; Etter, Martin; Evans, Jack D.; Borchardt, Lars)
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (52), 18942−18947.

Keywords: PPP; Suzuki−Miyaura coupling; 4‐bromophenylboronic acid; PBM; MM; DP; PMMA; GPC; IR; 読みたい論文シリーズ; 有機化学; ブログ


Pd触媒下での4-ブロモフェニルボロン酸の重合に関するオープンアクセス論文です。

生成物はポリ(p-フェニレン)で、均一系触媒による同反応はこれまでにたくさん報告されていますが、本論文では溶媒なしでのホンマモンの不均一系での反応です。反応混合物も、これまでに報告されている潤滑剤入りのグリングリンというかコネコネというか、そんな半端なミリング反応とは違って「粉」なんじゃないかなと思えてくるくらいです。

実験結果については論文に詳細に書かれているのであえて説明する必要もないでしょう。へえと思ったのは、重合度の算出方法。置換基のつかないポリ(p-フェニレン)を合成しているのですから、溶解性は最悪なはずで、大学の高分子系ラボなどでよくやっているGPCなどは使えない。で、著者らはどうしているのかというと、IRなのでした。ここの吸収とここの吸収を比較して…、というのを本文中で見て、なるほどと思いました。正確さについてはどうなんかなと思うところはありますが、どっちの実験で合成した高分子鎖がより長いかくらいは比較可能ですよね。後ラマン分光法による反応のモニタリングも面白い。

後本文をぼーっと眺めて思ったのが、もう金属パラジウムのボールでええじゃん、と。多分何度でも使えるほどに頑丈なんじゃないかなあと思いました。パラジウムでできているので全部高いのでしょうが、企業だったら資産として計…(自粛)。大学のラボでも、8mmサイズ2粒くらいなら下手なガラス器具より安いんじゃないかと。ただ学生さんがボール入りのフラスコをうっかり王水で洗浄してしまったり、撹拌子のように廃液タンクの中に入れてしまったりとかはあるかもしれない。

…妄想も大概にして、本文をちゃんと読んどきたいと思います。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

警戒中のミケ。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ− 2019年4Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。

 

[読みたい論文] 反応させるものが全てSO2化合物なフッ化スルホニル化合物合成
アトムエコノミーてなんだったっけ。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (52), 18859−18863.

[読みたい論文] 一酸化炭素を有機ケイ素系求核剤と反応させたらこうなりました
求核剤の種類によって異なる生成物が。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (52), 18849−18853.

[読みたい論文] 硫黄原子の立体配置が気になる分子内環化反応
塩基存在下での炭素–硫黄結合形成反応。
Chem. Eur. J. 2019, 25 (69), 15755−15758.

[読みたい論文] アルケンと硫黄化合物と窒素化合物の3成分カップリング: 炭素−硫黄結合と炭素−窒素結合を同時に作ります
銅触媒下での反応です。
J. Org. Chem. 2019, 84 (23), 15373−15379.

[読みたい論文] ホスホニウム塩触媒で二酸化炭素をエポキシドを反応させます
環状炭酸エステル合成触媒のひとつ。
J. Org. Chem. 2019, 84 (23), 15578−15589.

[読みたい論文] 光る 光るアミノ酸
タイトル見て唄った人はオッサンです。
Chem. Commun. 2019, 55 (100), 15105−15108.

[読みたい論文] シアノ源が特徴的なアリール–シアノクロスカップリング
PhCMe(CN)2
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (49), 19257−19262.

[読みたい論文] フロー合成もいけるメタリル化合物のヒドロフルオロ化
なんでまた大量に使う
Org. Lett. 2019, 21 (23), 9759−9762.

[読みたい論文] アロイルシランから脱カルボニルを経てアリールシランを合成します
脱ロイリー化。
Org. Lett. 2019, 21 (23), 9330−9333.

[読みたい論文] 含BNπ共役系: いろんな理由で発光効率の高いBNBアントラセン化合物
3つ「入れていない」理由とは。
Org. Lett. 2019, 21 (23), 9311−9314.

 

注目のWebコンテンツ

論文に(少し)戻る
(ある女性研究者の日記)
https://sunnily.exblog.jp/3097...

第42回―「ナノスケールの自己集積化学」David K. Smith教授
(Chem-Station)
https://www.chem-station.com/i...

非天然アミノ酸類の原料となる無保護ケチミンの効率的な触媒的合成法を開発! ~様々な医薬品や生物活性物質の、より効率的な合成法開発に期待~
(九州大学)
http://green.phar.kyushu-u.ac....
市販の金属触媒と窒素源試薬を組み合わせることで、カルボニル化合物から無 保護ケチミンを高収率で直接合成可能な新規手法の開発に成功しました…

高濃度の金属を
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

Branch選択的不斉アリル位C(Sp3)–Hアルキル化反応
(Chem-Station)
https://www.chem-station.com/b...

もっと、交換反応 (4):tert-Butyl Nicotinateでアミドを活性化するなり
(とある化学の超ガテン系)
http://researcher-station.blog...

宇宙生物学者は
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

可視光応答性光触媒を用いる高反応性アルキンの生成
(Chem-Station)
https://www.chem-station.com/b...

反応性化学種は
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

2019年論文オブザイヤー改め2019年論文を振り返る話 ①構造有機・保護脱保護・天然物編
(たゆたえども沈まず-有機化学あれこれ-)
http://orgchemical.seesaa.net/...

北大 衝撃で有機反応進行 圧電材料と粉砕機を利用
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

シチズン、LED製品数3分の2に縮小 光の質・省エネ追求
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

しびれでつかめない症状、スマホで病気判別 慶大がアプリ
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

導電性高分子に熱起電力が生成する機構を解明 -高性能熱電変換素子の実現に向けた大きな一歩-
(東京大学)
http://www.k.u-tokyo.ac.jp/inf...
より結晶性を向上させた上で高効率に化学ドーピングを行うことで、金属的な電子状態を制御することができ、さらなる高効率の熱電変換素子の開発が期待されます…

半減期の長い放射線セシウムの作物吸収 営農を通じて急速に減少していたことを確認
(茨城大学)
https://www.ibaraki.ac.jp/news...
大学農場において福島第一原子力発電所事故以降の7年間にわたる放射性物質の長期モニタリングを行い、半減期が30.1年である放射性セシウム137の作物吸収が、耕うんなどの営農作業を通じて、事故以降急速に減少していることを明らかにしました…

原因不明の難病「IgG4関連疾患」における臓器障害のメカニズムを解明 ~IgG4抗体と細胞傷害性T細胞の相乗効果で炎症が増悪~
(東京理科大学)
https://www.tus.ac.jp/mediarel...
炎症が発生、増悪するメカニズムが明らかになったことにより、IgG4関連疾患に対する新たな治療戦略を提示することができました…

真核生物の起源につながる、細胞内小器官の分裂を制御するメカニズムを発見 ~「自分の中のよそもの」との同時増殖を可能にした制御機構とは?~
(東京理科大学)
https://www.tus.ac.jp/mediarel...
原始的な単細胞生物から多細胞生物であるヒトまで、真核生物の細胞内小器官の分裂・増殖の制御機構がある程度共通であると示唆されたことで、細胞内共生と、真核生物の起源について考察する手掛かりを得ました…

ソーダ?ソディウム?ナトリウム?~とっても身近な元素の実験~
(高純度化学研究所)
https://www.kojundo.blog/exper...

 

注目の論文

鉄  
[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 46864−46874]
Anode Overpotential Control via Interfacial Modification: Inhibition of Lithium Plating on Graphite Anodes
(Tallman, Killian R.; Zhang, Bingjie; Wang, Lei; Yan, Shan; Thompson, Katherine; Tong, Xiao; Thieme, Juergen; Kiss, Andrew; Marschilok, Amy C.; Takeuchi, Kenneth J.; Bock, David C.; Takeuchi, Esther S.)
Tag: at., AF, DC, d.c., fac, PE, ES, Fe, electrochem., EC, Li, NEXAFS, XANES, Sn, XPS, XR, EM, SOTA, ABS, PS, curr., XRD, AFM, e-, ED, SEM

鉄  
[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 47047−47053]
Oxygen-Sensitive Layered MoTe2 Channels for Environmental Detection
(Yang, Shih-Hsien; Lin, Che-Yi; Chang, Yuan-Ming; Li, Mengjiao; Lee, Ko-Chun; Chen, Ciao-Fen; Yang, Feng-Shou; Lien, Chen-Hsin; Ueno, Keiji; Watanabe, Kenji; Taniguchi, Takashi; Tsukagoshi, Kazuhito; Lin, Yen-Fu)
Tag: Mo, det., J, Fe, Sn, O, FET

[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 47106−47111]
Demonstration of Electrically Injected Semipolar Laser Diodes Grown on Low-Cost and Scalable Sapphire Substrates
(Khoury, Michel; Li, Hongjian; Zhang, Haojun; Bonef, Bastien; Wong, Matthew S.; Wu, Feng; Cohen, Daniel; Mierry, Philippe De; Vennéguès, Philippe; Speck, James. S.; Nakamura, Shuji; DenBaars, Steven. P.)
Tag: c.d., LD, Sn, curr.

鉄  
[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 47413−47421]
Direct Synthesis of Polyurea Thermoplastics from CO2 and Diamines
(Jiang, Shan; Cheng, Hai-Yang; Shi, Ru-Hui; Wu, Pei-Xuan; Lin, Wei-Wei; Zhang, Chao; Arai, Masahiko; Zhao, Feng-Yu)
Tag: Fe, PEA, PC, C, H, Sn, 57-13-6, NH2, PUA, decompn., DAD, HB

鉄  
[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 47428−47436]
Optical Fingerprints of Proteases and Their Inhibited Complexes Provided by Differential Cross-Reactivity of Fluorophore-Labeled Single-Stranded DNA
(Tomita, Shunsuke; Sugai, Hiroka; Mimura, Masahiro; Ishihara, Sayaka; Shiraki, Kentaro; Kurita, Ryoji)
Tag: ss, Fe, TMR, AT, Et, FL, RD, PR, Sn, HT, THR, NH2, Me

[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 47635−47641]
Novel and Innovative Interface as Potential Active Layer in Chem-FET Sensor Devices for the Specific Sensing of Cs+
(Kilinc, Volkan; Henry-de-Villeneuve, Catherine; Nguy, Tin Phan; Wakayama, Yutaka; Charrier, Anne M.; Raimundo, Jean-Manuel)
Tag: ATR, CE, ML, Sn, FT, FET, expt., IR

ナノ粒子  
[ACS Appl. Bio Mater. 2019, 2, 5559−5567]
Interfacial Effect of Hydration Structures of Hydroxyapatite Nanoparticle Films on Protein Adsorption and Cell Adhesion States
(Tagaya, Motohiro)
Tag: FBN, fac, Fib, Au, Abs, Sn, FT, HAP, HA, NFW, ABS, NP, FBG, COL, IR

鉄  
[ACS Appl. Bio Mater. 2019, 2, 5626−5633]
Inhibition of Fungal Growth Using Modified TiO2 with [email protected] Structure of [email protected] Clusters
(Méndez-Medrano, Maria Guadalupe; Kowalska, Ewa; Endo-Kimura, Maya; Wang, Kunlei; Ohtani, Bunsho; Uribe, Daniel Bahena; Rodríguez-López, Jose Luis; Remita, Hynd)
Tag: Ag, EM, ROS, Fe, ShS, NC, Cu, Sn, O, 57-13-6, OTS, Cat

[Biomater. Sci. 2020, 8, 497−505]
A two-pronged anti-leukemic agent based on a hyaluronic acid–green tea catechin conjugate for inducing targeted cell death and terminal differentiation
(Liang, Kun; Bae, Ki Hyun; Nambu, Akiko; Dutta, Bibek; Chung, Joo Eun; Osato, Motomi; Kurisawa, Motoichi)
Tag: HA, catechin, GTC

[J. Mater. Chem. A 2020, 8, 158−168]
Chromophore amphiphile–polyelectrolyte hybrid hydrogels for photocatalytic hydrogen production
(Sai, Hiroaki; Erbas, Aykut; Dannenhoffer, Adam; Huang, Dongxu; Weingarten, Adam; Siismets, Erica; Jang, Kyujin; Qu, Karen; Palmer, Liam C.; la, Monica Olvera de; Stupp, Samuel I.)
Tag: Sn

[Dalton Trans. 2020, 49, 27−30]
Synthesis and structures of titanium complexes bearing tetradentate tripodal [O2XC] ligands (X = C, P)
(Nakanishi, Yusuke; Ishida, Yutaka; Kawaguchi, Hiroyuki)
Tag: Et, Ti, PhOH, Me, Ph, C2H4

[Dalton Trans. 2020, 49, 47−56]
Deoxofluorination of graphite oxide with sulfur tetrafluoride
(Yamamoto, Hiroki; Matsumoto, Kazuhiko; Matsuo, Yoshiaki; Sato, Yuta; Hagiwara, Rika)
Tag: GO, C, H, S