[水素水] H14O分子の構造最適化をトライした

Viewed: 07:46:01 in December 7, 2019

Posted: May 28, 2016
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

まぁ、結果は予想できるわけですが…

【おことわり】この記事や私に関連する商標や肩書き・経歴などを商いに利用することはおやめください。

 

あくまでもネタとしてお読みください。

どこぞでH14Oなるものがあると知ってしまったので、仕方なく構造最適化を試みました。まずはH14O分子のモデリング。むりくりにやりました。反省はしてません。

GAMESSで構造最適化します。入力ファイルの中身はこんな感じ。いつものDFT, B3LYP/6-31G(d)です。

早速計算開始です。初期構造はこれ。上のと同じです(構造最適化されていく動画)。

開始後すぐに構造が怪しくなり…

どんどん壊れていきます。

そして最適化された構造がこれ。

水分子と水素原子のペアが6組。結合を示す線は描いてありませんが、原子間距離から判断すると、水素原子のペアは水素分子そのもの。

つまり、水分子ひとつと水素分子6つになってしまった、ということです。

ちなみに、計算されたGibbs自由エネルギーは

初期構造: −212,189.06 kJ/mol
最適化構造: −218,818.16 kJ/mol

で、最適化構造の方が6,629.10 kJ/molエネルギー的に有利と出ました。いつものことながら、ありえないくらいにでかすぎ(= H14Oが不安定過ぎ)です。

 

H14O、存在し得ないと言っていいと思います。

ちなみに、初期構造のHOMOはこれ。

んで、初期構造のLUMO。

 

ところで、H14Oて何色?

何色なのか想像したくて、初期構造でTDDFT計算。

う〜ん、何かしらの色はあるようです。複雑。考えるのめんどくさい。

 

あわせてどうぞ

むりくり計算シリーズ
H4OやH14などの分子構造をむりくり計算しました。信じるも信じないもあなた次第。

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

H4Oの構造が見つかった(ただしですね
分子ではないですよ。

H4Oの構造が見つかった (2)
分子ではないですよ。

[水素水] H6Oのエネルギー計算をやってみた
むりくりにやりました。

[水素水] H4Oが何色なのか知りたくて計算した。
無理くりTDDFT 。

[水素水] H6Oが何色なのか計算してみた
無理くりTDDFT 。

[水素水] H4Oが何色なのか知りたくて計算した(2)
無理くりTDDFT 。

H3O4なるものを見かけたので軌道を可視化したかった(2)
もはや質量保存の法則なんぞどうでもいいらしい 。

H3O4なるものを見かけたので軌道を可視化したかった
もはや質量保存の法則なんぞどうでもいいらしい 。

[水素水] HnOがどのくらい不安定かたくさん計算しました
あくまでもネタとしてお読みください。

古舘カップリングを思い出したので計算した
某テレビで見かけたのでこの記事を思い出して計算しました。

カルボニル化合物がルイス酸に配位するとLUMOが低くなる話
カルボニル化合物としてアセトン、ルイス酸として3フッ化ホウ素をピックアップ。

[水素水] これがH6Oの軌道図だ。想像図ではない。
化学者に怒られない程度に勝手にシミュレートしました。

[水素水] H6O分子の構造を最適化したらこうなった
うん、やっぱりこうなるよね。

H4O分子の構造を最適化したらこうなった
無理くり構造最適化しました。

電子水なるものを見聞きしたので構造を計算しました。
無理くりにやりました。今回も反省はしていません。

イカ天激辛カレー味
色からしてヤバいやつです。