[読みたい論文] アルケンのヒドロシリル化がカルシウム触媒下で進みます

Viewed: 13:19:00 in January 25, 2020

Posted: January 6, 2020

Regioselective Hydrosilylation of Olefins Catalyzed by a Molecular Calcium Hydride Cation (Schuhknecht, Danny; Spaniol, Thomas P.; Maron, Laurent; Okuda, Jun)
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (1), 310−314.

Keywords: Ca; hydrosilylation; σ-bond metathesis; 読みたい論文シリーズ; 有機化学; ブログ


カルシウム触媒下でのアルケンのヒドロシリル化反応に関するオープンアクセス論文のようです。カルシウム触媒、下のような少々複雑な構造なのがちょっとアレ。


アルカリ土類金属であるカルシウムが介するので、反応はσ結合メタセシスの組み合わせにより進行するのだと思います(本文の最後のあたりでも軽く触れています)。とするとこの反応、基質による反応が進む/進まないの違いが明確に現れるのではと思いつつ本文を読み進めましたが、やはりそのようで、きっちり線引きがなされる反応だなあという印象でした。反応させるアルケンが脂肪族基置換か芳香族基置換かで位置選択性が異なってくるのはまあそうだよねと、カルシウムヒドリドとアルケンの反応が鍵だよねと。

アルケンとトリヒドロシランと反応させるとジヒドロシランが生成するわけで、こいつが反応してしまう可能性はないのかなという疑問が湧いてくるかもsれないですが、そんな心配をしなくて済むのがσ結合メタセシスのいいところなんですよね。ところで触媒の構造はどうやって決めたか、そこいらあたりがまだ気になりますので、細かいところを読んでいきたいと思います。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

真剣な眼差しのサバトラ。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

読みたい論文シリーズ − 2020年1Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2020年1〜3月)。

SOHOのすすめ記事一覧 − 2020年1Q
お仕事関係の記事のリストです(2020年1〜3月)。

 

[読みたい論文] 有機光触媒で脂肪族ケトンとかアルデヒドとかを還元します
プロトン源が。
Org. Lett. 2019, 21 (24), 10159−10163.

[読みたい論文] 亜鉛触媒下でのカルボン酸からのアシルシラン合成
それぞれの化合物の成れの果てが気になります。
Org. Lett. 2019, 21 (24), 10130−10133.

[読みたい論文] フロー系でケトンからエポキシドを合成します
流れ流れてなが…
Org. Lett. 2019, 21 (24), 10094−10098.

[読みたい論文] 呪文のような名前のスルホン酸系化合物を金属化合物を使うことなく合成します
原子効率か金属フリーか。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (52), 19014−19020.

[読みたい論文] ぐりんぐりんやってπ共役高分子を作ります
ガチの不均一反応。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (52), 18942−18947.

[読みたい論文] 反応させるものが全てSO2化合物なフッ化スルホニル化合物合成
アトムエコノミーてなんだったっけ。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (52), 18859−18863.

[読みたい論文] 一酸化炭素を有機ケイ素系求核剤と反応させたらこうなりました
求核剤の種類によって異なる生成物が。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (52), 18849−18853.

[読みたい論文] 硫黄原子の立体配置が気になる分子内環化反応
塩基存在下での炭素–硫黄結合形成反応。
Chem. Eur. J. 2019, 25 (69), 15755−15758.

[読みたい論文] アルケンと硫黄化合物と窒素化合物の3成分カップリング: 炭素−硫黄結合と炭素−窒素結合を同時に作ります
銅触媒下での反応です。
J. Org. Chem. 2019, 84 (23), 15373−15379.

[読みたい論文] ホスホニウム塩触媒で二酸化炭素をエポキシドを反応させます
環状炭酸エステル合成触媒のひとつ。
J. Org. Chem. 2019, 84 (23), 15578−15589.

 

注目のWebコンテンツ

2030年に研究者のいる世界はどうなっているか?
(わがまま科学者)
http://wagamamakagakusha.haten...

もっと、交換反応 (7):LiHMDSだって交換反応できるんだからっ!
(とある化学の超ガテン系)
http://researcher-station.blog...

サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman
(Chem-Station)
https://www.chem-station.com/c...

しめさばはなぜうまいのか?トリメチルアミンオキシドの話
(有機化学論文研究所)
https://moro-chemistry.org/arc...

理事長年頭所感-新春に想う 2020-
(産業技術総合研究所)
https://www.aist.go.jp/aist_j/...

第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」Steve Nolan教授
(Chem-Station)
https://www.chem-station.com/i...

T細胞受容体シグナル伝達を細胞骨格アクチンが促進する機能を解明 -感染防御・自己免疫疾患・白血病の中心的細胞の活性化メカニズム解析-
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...

社説】大胆な再編を実行、未来を切り拓け
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

オートファジーの化学的誘起で有害物質除去を行う新戦略「AUTAC」
(Chem-Station)
https://www.chem-station.com/b...

企業の研究職が持っておいて損はないモノ一覧
(とある三十路研究職の書庫)
http://www.kohnomasaru.com/arc...

地球温暖化に伴う海洋密度成層の強化を検出 海洋生態系・漁業活動に与える影響の解明に期待
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...
本発見は、地球温暖化の進行に伴い、すでに起きている海洋生態系・漁業活動への影響の理解およびそれらの将来変化の予測に貢献することが期待されます…

島弧下の新しい水循環モデルを発表
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...
日本をはじめとする島弧前弧域のモホ面付近で見つかっている高電気伝導度帯の形成メカニズムを説明できるとともに、沈み込んだプレートからの供給量よりも、火山活動などによる放出量の方が少ないという「失われた流体」問題の解明に寄与するものです…

北海道大学みらい IT 人財奨学金を創設 ~優れた研究業績を持つ大学院生向けの新たな奨学金制度~
(北海道大学)
https://www.hokudai.ac.jp/news...
北海道大学と公益財団法人似鳥国際奨学財団は,将来を担う「みらい IT 人財」の育成を通じた北海 道の一層の発展と飛躍を目指して,北海道の学際的地位の向上及び地方創生に貢献する意欲のある学 生に対する給付型奨学金制度を創設しました…

「イオン摂動」による電池材料硫化鉄リチウムの状態変化を解明 -新規相・物性の開拓と革新的高容量蓄電池の開発に向けて-
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...
本研究成果で提案するイオン摂動は、イオン種の電気的な挿入と脱離を独立に制御することで、電気的、磁気的特性が全く異なる2つの相を可逆的にスイッチングできます…

流体中のナノ・マイクロ粒子の物性・粒径分布の自動測定法
(東京大学)
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja...
今後、地球環境問題に関わる大気・海洋中の多種多様な汚染微粒子の広域観測に応用することを考えている…

新しいセメントの製造法
(高純度化学研究所)
https://www.kojundo.blog/news/...

シュミット反応とは
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

もっと、交換反応 (8) : 核酸医薬のためのトランスグリコシル化反応
(とある化学の超ガテン系)
http://researcher-station.blog...

 

注目の論文

鉄  
[Langmuir 2019, 35, 17075−17081]
Temperature-Dependent Dynamics of Giant Vesicles Composed of Hydrolysable Lipids Having an Amide Linkage
(Tameyuki, Maito; Hiranaka, Hisato; Toyota, Taro; Asakura, Kouichi; Banno, Taisuke)
Tag: CRM, Fe, FL, DSC

[Langmuir 2019, 35, 17096−17102]
Synthesis of 1D-Anisotropic Particles Consisting of TiO2 Nanorods and SnO2 with Heteroepitaxial Junctions and Self-Assembled 3D-Microspheres
(Akita, Atsunobu; Tada, Hiroaki)
Tag: Sn

[Langmuir 2019, 35, 17177−17184]
Confined Space Enables Spontaneous Liquid Separation by Molecular Size: Selective Absorption of Alkanes into a Polyolefin Cast Film
(Chiba, Ayano; Oshima, Akio; Akiyama, Ryo)
Tag: sepd., IC, NP, SEC, Et, Sn, ABS, GPC, expt., polyol, 109-67-1, Me, MP

[Catal. Sci. Technol. 2020, 10, 12−34]
Macrocyclic multinuclear metal complexes acting as catalysts for organic synthesis
(Nath, Bikash Dev; Takaishi, Kazuto; Ema, Tadashi)
Tag: Sn

[Catal. Sci. Technol. 2020, 10, 222−230]
Hydrodeoxygenation of ethyl stearate over Re-promoted Ru/TiO2 catalysts: rate enhancement and selectivity control by the addition of Re
(Zhou, Leilei; Lin, Weiwei; Liu, Ke; Wang, Zhuangqing; Liu, Qiang; Cheng, Haiyang; Zhang, Chao; Arai, Masahiko; Zhao, Fengyu)
Tag: Sn

[J. Mater. Chem. A 2020, 8, 693−705]
Approaching the Shockley–Queisser limit for fill factors in lead–tin mixed perovskite photovoltaics
(I., K. D. G.; Bandara, R. M. I.; Monti, M.; Butler-Caddle, E.; Pichler, T.; Shiozawa, H.; Wang, Z.; Jenatsch, S.; Hinder, S. J.; Masteghin, M. G.; Patel, M.; Thirimanne, H. M.; Zhang, W.; Sporea, R. A.; Lloyd-Hughes, J.; Silva, S. R. P.)
Tag: Sn, FF, P

[J. Mater. Chem. A 2020, 8, 735−742]
Testing the limits of zeolite structural flexibility: ultrafast introduction of mesoporosity in zeolites
(Peng, Ce; Liu, Zhendong; Yonezawa, Yasuo; Linares, Noemi; Yanaba, Yutaka; Trujillo, Carlos Alexander; Okubo, Tatsuya; Matsumoto, Taiji; García-Martínez, Javier; Wakihara, Toru)
Tag: Sn, ZL

リチウムイオン二次電池  
[J. Mater. Chem. A 2020, 8, 743−749]
Local mobility in electrochemically inactive sodium in hard carbon anodes after the first cycle
(Jensen, Anders C. S.; Olsson, Emilia; Au, Heather; Alptekin, Hande; Yang, Zhengqiang; Cottrell, Stephen; Yokoyama, Koji; Cai, Qiong; Titirici, Maria-Magdalena; Drew, Alan J.)
Tag: Li, Na, LIB, curr.

鉄  
[Green Chem. 2020, 22, 153−162]
Fermentation of pigment-extracted microalgal residue using yeast cell-surface display: direct high-density ethanol production with competitive life cycle impacts
(Huang, Xiaochen; Bai, Shunwen; Liu, Zhuo; Hasunuma, Tomohisa; Kondo, Akihiko; Ho, Shih-Hsin)
Tag: Fe, CH3CH2OH, LCA, EtOH

[Dalton Trans. 2020, 49, 431−437]
dz2 orbital character of polyhedra in complex solid-state transition-metal compounds
(Ohkubo, Isao; Mori, Takao)
Tag: lb, TP, ES, TM, e-