[読みたい論文] フッ化アリールの芳香族求核置換反応を光と電気で進めます

Viewed: 13:42:45 in January 25, 2020

Posted: January 7, 2020

Electrophotocatalytic SNAr Reactions of Unactivated Aryl Fluorides at Ambient Temperature and Without Base (Huang, He; Lambert, Tristan H.)
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (2), 658−662.

Keywords: SNAr; TBABF4; DCM; C; Pt; 読みたい論文シリーズ; 有機化学; ブログ


フッ化アリールの芳香族求核置換(SNAr)反応に関する論文のようです。ベンゼン環の炭素に対する求核置換は教科書的には起こりにくいとされていますが、実際のところやりようはいくらでもあるわけで、反応条件をきつくしたりとか、Pd触媒などを使ったりとか、多様な反応例が報告されています。この論文もその一つと言えますが、遷移金属も塩基も必要としないところが、この論文の反応のセールスポイントということなのでしょうか。

要旨テキストがあまりにも短いので論文の大まかなストーリーが把握しにくいのですが、Supporting InformationとGraphical Abstractから、有機触媒DDQと青色光、そして電気化学的手法を使うのはなんとなくわかります。小さな3ツ口フラスコが反応容器のようで、電極を豪快にぶっ刺したセプタムを取り付けて反応させるのが気前良くていいです(謎)。Amazonとはメーカー?それとも?

求核剤は酸素系と窒素系のものが試されていて適用範囲は広そうな印象ですが、フッ化アリール側がどうなのかなと。電子供与基が芳香環にくっついているフッ化アニシルとかしんどそうな気もします。その一方で電子求引基であるニトロ基がくっついたものよりも塩素原子がくっついているものの方が反応性が良いとか、どう考えたらいいのか悩むところも。


反応の様相はSupporting Informationでだいたい理解できました。どうしてもわからないのがフッ化アリールのフッ素原子と求核剤の水素原子の成れの果て。どこに行ってしまったのでしょうね。実験項に炭素電極は使い捨てにした方が良いとか書いてあるので、そこいら辺にヒントがあるのかも。本文を読まないことにはどうにもならないので、読みたい論文に追加です。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

小顔短足のキジトラさん。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

読みたい論文シリーズ − 2020年1Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2020年1〜3月)。

SOHOのすすめ記事一覧 − 2020年1Q
お仕事関係の記事のリストです(2020年1〜3月)。

 

[読みたい論文] アルケンのヒドロシリル化がカルシウム触媒下で進みます
プロトン源が。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (1), 310−314.

[読みたい論文] 有機光触媒で脂肪族ケトンとかアルデヒドとかを還元します
プロトン源が。
Org. Lett. 2019, 21 (24), 10159−10163.

[読みたい論文] 亜鉛触媒下でのカルボン酸からのアシルシラン合成
それぞれの化合物の成れの果てが気になります。
Org. Lett. 2019, 21 (24), 10130−10133.

[読みたい論文] フロー系でケトンからエポキシドを合成します
流れ流れてなが…
Org. Lett. 2019, 21 (24), 10094−10098.

[読みたい論文] 呪文のような名前のスルホン酸系化合物を金属化合物を使うことなく合成します
原子効率か金属フリーか。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (52), 19014−19020.

[読みたい論文] ぐりんぐりんやってπ共役高分子を作ります
ガチの不均一反応。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (52), 18942−18947.

[読みたい論文] 反応させるものが全てSO2化合物なフッ化スルホニル化合物合成
アトムエコノミーてなんだったっけ。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (52), 18859−18863.

[読みたい論文] 一酸化炭素を有機ケイ素系求核剤と反応させたらこうなりました
求核剤の種類によって異なる生成物が。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (52), 18849−18853.

[読みたい論文] 硫黄原子の立体配置が気になる分子内環化反応
塩基存在下での炭素–硫黄結合形成反応。
Chem. Eur. J. 2019, 25 (69), 15755−15758.

[読みたい論文] アルケンと硫黄化合物と窒素化合物の3成分カップリング: 炭素−硫黄結合と炭素−窒素結合を同時に作ります
銅触媒下での反応です。
J. Org. Chem. 2019, 84 (23), 15373−15379.

 

注目のWebコンテンツ

Pd触媒を使っていた
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

AGC フッ素製品増強に700億円
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

光通信で1万5400Gbps、東北大が成功 システム簡素化へ期待
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

投資を怠った研究者はどうなるのか
(とある三十路研究職の書庫)
http://www.kohnomasaru.com/arc...

2020年 年頭のご挨拶
(高エネルギー加速器研究機構)
https://www.kek.jp/ja/newsroom...

iPS細胞移植後の腫瘍化モニタリング技術を開発-PET検査で神経幹/前駆細胞の造腫瘍性変化を可視化-
(量子科学技術研究開発機構)
https://www.qst.go.jp/site/pre...

2020年 年頭のご挨拶
(長崎大学)
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja...

2020年三村信男学長年頭挨拶
(茨城大学)
https://www.ibaraki.ac.jp/news...

愛の獲得には、継続的な求愛が必要 〜世界初、拒否と受容の行動切替メカニズムを解明!〜
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/abou...
ショウジョウバエを配偶行動の進化や本能行動の行動選択 を理解するための研究モデルとして利用する、という本研究戦略を発展させること で、社会的絆形成などを担う普遍的な脳の分子神経基盤の解明にもつながると期待 できます…

ゲノム編集技術を用いてiPS細胞から「ユニバーサル」な血小板の作製に成功
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...
本研究成果はNK細胞に攻撃されにくいという血小板のユニークな免疫特性を明らかにするとともに、HLA欠失iPS血小板が、血小板輸血不応症の場合にも有用なユニバーサルな製剤となることを実証し、iPS血小板の産業化に向けた基盤となります…

有機半導体の結晶構造を有効に制御する -高性能有機半導体の分子設計が可能に-
(理化学研究所)
https://www.riken.jp/press/202...
本研究成果は、ディスプレイのバックプレーンやIDタグなどの電子デバイスに向けた高性能有機半導体の開発に貢献すると期待できます…

タンパク質の3Dプリンティング -純粋なタンパク質からなる微小3次元構造体の造形に成功-
(理化学研究所)
https://www.riken.jp/press/202...
本研究成果は、再生医療などの細胞培養用の足場、バイオセンサー、マイクロアクチュエーターなどへの応用が期待できます…

植物の根に重力方向を伝える新しい因子の発見 ~オーキシンを重力側へより多く分配する仕組み~
(科学技術振興機構)
https://www.jst.go.jp/pr/annou...
LZYが重力の方向に応答して重力感受細胞内での居場所を変化させ、その時にRLDを結合して同じ場所に連れてくることで、オーキシン輸送を制御するという分子機構を提唱しました…

MnTe薄膜が超高速な結晶多形変化を示す事を発見 ― 省エネルギーかつ超高速な相変化型メモリ材料として期待 ―
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...
この多形変化は、ある特定の原子面が特定の方向にわずかにずれるだけで実現でき、かつ可逆的に生じるため、超省エネルギーかつ超高速な不揮発型メモリの新しい材料として期待されます…

2019年12月後半 kwh_rd100の注目論文BEST3
(計算化学.com)
https://computational-chemistr...

植物の根に重力方向を伝える新しい因子の発見 ~オーキシンを重力側へより多く分配するしくみ~
(奈良先端科学技術大学院大学)
http://www.naist.jp/pressrelea...
シロイヌナズナを用いて重力感受細胞において重力方向の情報伝達に関わる新しい因子RLDを発見しました…

ペプチドカップリング試薬のアレルギーについて
(有機化学美術館・分館)
http://blog.livedoor.jp/route4...

西尾総長による年頭挨拶を行いました
(大阪大学)
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/ne...

新年の抱負として今年のひと言を書きました。(2020年1月7日)
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/ab...

 

注目の論文

[Cryst. Growth Des. 2020, 20, 245−254]
Crystal Growth Hysteresis in Spiral Growth
(Miura, Hitoshi)
Tag: Sn, MC, MF

[Cryst. Growth Des. 2020, 20, 255−261]
Fabrication of Single-Crystalline BaTaO2N from Chloride Fluxes for Photocatalytic H2 Evolution under Visible Light
(Luo, Ying; Wang, Zheng; Suzuki, Sayaka; Yubuta, Kunio; Kariya, Nobuko; Hisatomi, Takashi; Domen, Kazunari; Teshima, Katsuya)
Tag: Sn, DRS, Solt, VL, morphol., morph., C, Cat

[Chem. Sci. 2020, 11, 389−395]
Rh(II)-catalyzed branch-selective C–H alkylation of aryl sulfonamides with vinylsilanes
(Rej, Supriya; Chatani, Naoto)
Tag: DG, Sn, 8-AQ, 91-22-5, Alk, Ar, SiH4

[Chem. Sci. 2020, 11, 409−418]
Separation of halogenated benzenes enabled by investigation of halogen–π interactions with carbon materials
(Kanao, Eisuke; Morinaga, Takuya; Kubo, Takuya; Naito, Toyohiro; Matsumoto, Takatoshi; Sano, Tomoharu; Maki, Hideshi; Yan, Mingdi; Otsuka, Koji)
Tag: PhH, BZ, Hal

[Org. Biomol. Chem. 2020, 18, 230−236]
Synthesis and chiroptical properties of cylindrical macrocycles comprising two calix[3]aramide moieties
(Saito, Yuuki; Satake, Misa; Mori, Ryuichi; Okayasu, Misaki; Masu, Hyuma; Tominaga, Masahide; Katagiri, Kosuke; Yamaguchi, Kentaro; Kikkawa, Shoko; Hikawa, Hidemasa; Azumaya, Isao)
Tag: OTP, Ph, M, Alk, MMW

[J. Mater. Chem. C 2020, 8, 543−549]
Stepwise structural and fluorescent colour conversion in rhodamine analogues based on light and acid stimulations
(Tanioka, Masaru; Kamino, Shinichiro; Koga, Natsumi; Sawada, Daisuke)
Tag: biol., R&D, FL, SM

[J. Mater. Chem. C 2020, 8, 663−671]
Pyrochlore-type oxide solid solutions: (Bi1−xGax)2−dTi2O7−3d/2
(Yamane, Hisanori; Yagi, Ryota; Yamada, Takahiro)
Tag: SG

[J. Mater. Chem. C 2020, 8, 706−714]
Investigation of ferrimagnetism and ferroelectricity in AlxFe2−xO3 thin films
(Rao, Badari Narayana; Yasui, Shintaro; Katayama, Tsukasa; Taguchi, Ayako; Moriwake, Hiroki; Hamasaki, Yosuke; Itoh, Mitsuru)
Tag: Sn, SG, 57-13-6, TF