[今日描いた構造式] ジシレン化合物

Viewed: 09:09:01 in December 6, 2019

Posted: December 14, 2018

[J. Am. Chem. Soc. 2018, 140 (49), 16962−16966] Geometrically Compelled Disilene with λ4-Coordinate SiII Atoms (Kostenko, Arseni; Driess, Matthias)

5,6-bis(amidinato silylenyl)acenaphteneの合成とその構造に関する論文のようですが、論文のタイトルはジシレンで化合物名はシリレン。

著者が強調しているのが、ケイ素=ケイ素二重結合の距離です。その値、2.623 Åと、この論文が出た時点で最長とのこと。

そして、ケイ素=ケイ素二重結合の距離がここまで長くなると、ケイ素=ケイ素二重結合に特徴的でない反応性、例えばシリレン特有のものも出てくるとか。

合成法は5,6-dibromoacenpahtheneとPhC(NtBu)2SiClから。nBuLiを使います。臭素−リチウム交換でリチオ化して云々、ですね。

NMRのケミカルシフト値、反応性について詳しく知りたいので、読みたい論文に追加です。Supporting Informationをしっかり読めばある程度はわかるのでしょうが…。

Keywords: 5,6-dibromoacenaphthene; n-butyllithium

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧
お仕事関係の記事のリストです(2018年)。

読みたい論文シリーズ − 2019年1Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年1〜3月)。

 

[化学系論文: 日本人著者の論文のシェア] 2017年版の集計が終わりました。
ツートップはもちろんあの雑誌。

[今日描いた構造式] N-(phenylthio)phthalimide
フェニルチオ源として不斉反応に。
J. Am. Chem. Soc. 2018, 140 (46), 15621−15625.

[今日描いた構造式] benzo[de]chromene
1-ナフトールとアルキンから。
Chem. Commun. 2018, 54 (91), 12879−12882.

[今日描いた構造式] tris(trimethylsilyl)phosphine
tBu3Pとの構造の違いが気になります。

[今日描いた構造式] dinaphtho[2,3-d:2′,3′-d′]anthra[1,2-b:5,6-b′]dithiophene
合成から有機トランジスタ特性の評価まで。

[今日描いた構造式] 1H-phenalen-1-one
1-ナフトエ酸とアルキンから。

[今日描いた構造式] 8-aminoisocoumarin
イサト酸無水物とアルキンから。

[今日描いた構造式] hitoyopodin A
ベンゾビシクロ[3.2.1]オクタン骨格を持つ天然化合物。

[今日描いた構造式] P,P-dimethylformylphosphine
DMFの窒素原子がリン原子に置き換わった構造です。

[今日描いた構造式] allyltriethylsilane
Diels−Alder反応に使われていますが、基質としてではありません。