[研究室での事件] 結晶化の苦労を台無しにする輩

Viewed: 09:09:44 in December 6, 2019

Posted: December 14, 2018


 

西日本の某国立大学の教員さん経由で知った、はるか昔のけしからん話です。

先に言っておきますが、この話が本当なのかはわかりませんし、本当の話だとして、当事者がのちにどうなったのかも、私は知りません。

化学系の、有機金属化合物を扱っていた研究室。大学院生さん(仮にAさんとしておきましょう)が、ターゲットの有機金属化合物を合成し、その構造を確認するために、再結晶、つまり、結晶を作ろうとしていたそうです。

すごくすごく大雑把にいえば、"分子"の構造を調べる準備をしていた、と。

構造を確認するためには、単結晶、つまり、綺麗な結晶を作る必要があったのです。しかもある程度大きいやつ。食塩水から食塩の結晶を作ったことがある人ならわかると思いますが、これがなかなか難しいのです。

で、学生さんは何度も何度も試行錯誤をして、Schlenk菅という小さなガラス器具の中で、ゆっくりゆっくりと結晶を成長させる支度を済ませ、週末の夜遅くに帰宅したのだとか。

週明けまでに大きな結晶ができていることを期待して…

綺麗な結晶を作るためには、ガラス器具に振動などの刺激を与えることは厳禁です。なので休日まえの週末の支度がが好都合というわけでして。

そして休日。

研究室にやってきたのは別の学生さんB。

結晶を育てているガラス器具を見つけたその学生さんB、スタスタと歩み寄り、ガラス器具を掴んでおもむろに

 

シェイク!

シャカシャカシャカシャカ…と。

…ガラス器具の中の結晶はどうなってしまったのでしょうか。

その後のことは、わかりません。

追伸 画像のガラス器具の中身は結晶ではなく、蛍光剤を吸着させたシリカです(笑)。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧
お仕事関係の記事のリストです(2018年)。

読みたい論文シリーズ
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します。

 

[化学系論文: 日本人著者の論文のシェア] 2017年版の集計が終わりました。
ツートップはもちろんあの雑誌。

[今日描いた構造式] N-(phenylthio)phthalimide
フェニルチオ源として不斉反応に。
J. Am. Chem. Soc. 2018, 140 (46), 15621−15625.

[今日描いた構造式] benzo[de]chromene
1-ナフトールとアルキンから。
Chem. Commun. 2018, 54 (91), 12879−12882.

[今日描いた構造式] tris(trimethylsilyl)phosphine
tBu3Pとの構造の違いが気になります。

[今日描いた構造式] dinaphtho[2,3-d:2′,3′-d′]anthra[1,2-b:5,6-b′]dithiophene
合成から有機トランジスタ特性の評価まで。

[今日描いた構造式] 1H-phenalen-1-one
1-ナフトエ酸とアルキンから。

[今日描いた構造式] 8-aminoisocoumarin
イサト酸無水物とアルキンから。

[今日描いた構造式] hitoyopodin A
ベンゾビシクロ[3.2.1]オクタン骨格を持つ天然化合物。

[今日描いた構造式] P,P-dimethylformylphosphine
DMFの窒素原子がリン原子に置き換わった構造です。

[今日描いた構造式] allyltriethylsilane
Diels−Alder反応に使われていますが、基質としてではありません。