[読みたい論文] 基質の立体が綺麗に反映されるFriedel−Crafts型アリル化反応

Viewed: 23:05:56 in December 8, 2019

Posted: July 24, 2019

Acid-catalyzed chirality-transferring intramolecular Friedel−Crafts cyclization of α-hydroxy-&alpha-alkenylsilanes (Sakaguchi, Kazuhiko; Kubota, Shunnichi; Akagi, Wataru; Ikeda, Naoko; Higashino, Masato; Ariyoshi, Shoma; Shinada, Tetsuro; Ohfune, Yasufumi; Nishimura, Takahiro)
Chem. Commun. 2019, 55 (59), 8635−8638.

Keywords: Friedel−Crafts; TBDMS; DMPS; MTPA; TMSOTf


TMSOTf存在下での光学活性アリリックアルコールのFriedel−Crafts型アリル化反応について報告している論文です。Graphical abstractに"enantio-enriched"とありましたので基質そのもののキラリティが関与する不斉増幅かと早合点してしまいましたが、出発の基質の光学純度が高いことから、タイトル通りの内容のようです。

Graphical abstractの化学式、変数はSiしかありませんが、下の図のようにケイ素だけでなくOH基の位置や二重結合の幾何異性、環サイズ、ベンゼン環の置換基などなど、色々変えてみたくなるところがあるわけです。論文中でどんな化合物を取り扱っているのかとSupporting informationをざっくり読みましたが、幅広くやっているようです。反応の適用範囲や機構の考察、おそらく後者の目的でいろんな検討をしているんだろうと思いました。


ところで、生成物の絶対配置、つまり、反応で形成される6員環から伸びる枝が上か下か、これがどうやって決まるかですが、多分こうなんじゃないかなと勝手に考えました。下の図の青いところが反応で形成する炭素−炭素結合ですが、切断されていく炭素−OH基と平行になるようにモデルを組むと6員環から下向きに枝が付く感じになるんですよね。これかなと。実際のところは本文読まないと解りませんが。


こんな妄想を抱きながら、読みたい論文に追加しました。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

1948年はこんな年

人名反応など
Adams脱炭酸反応 [Doi 1]
Ritter反応 [Doi 1]
ノーベル化学賞
電気泳動装置の考案および血清タンパクの複合性に関する研究
(Arne Wilhelm Kaurin Tiselius)
できごと
天王星の衛星ミランダが発見される
世界保健機関(WHO)設立
理化学研究所が株式会社として発足
新制高等学校発足
日本考古学協会設立
関税および貿易に関する一般協定(GATT)発効
日米国際電話再開
米ABCがテレビ放送を開始
美空ひばりが歌手デビュー
厚生省が母子手帳を配布開始
伊藤ハム設立
福井地震
水産庁発足
建設省発足
デイリースポーツ創刊
本田技研工業設立
教育委員会発足
人事院発足
象印マホービン設立

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

蛹になる直前のアゲハの幼虫。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ− 2019年3Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年7〜9月)。

 

[読みたい論文] マグネシウムでベンゼン環C−Hをヒドロキシル化します
窒素原子がいい仕事をします。
Org. Lett. 2019, 21 (14), 5373−5377.

[読みたい論文] アルミニウムアニオンがベンゼンの炭素−炭素結合をぶった切ります
アニオンもカチオンもでっかい。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (28), 11000−11003.

[読みたい論文] 万能性を追求したアリール−アリールクロスカップリング
縁の下の塩化リチウムを再確認。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (28), 10978−10983.

[読みたい論文] N-ヘテロ環カルベンが結合したシリリウミリデンイオン
早口言葉の練習。
Dalton Trans. 2019, 48 (28), 10403−10406.

[読みたい論文] 高速室温重合でπ共役ポリマーを作ります
Pd(I)触媒を使います。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (30), 10179−10183.

[読みたい論文] そこらへんの水を食ってアルケンからオキサジアゾールノンを合成します
アルケンの炭素を1つ捨てます。
Org. Lett. 2019, 21 (13), 4966−4970.

[読みたい論文] π共役系の発光特性: クロロホルムの怪
CCl3と関係がありそうな。
Chem. Commun. 2019, 55 (57), 8242−8245.

[読みたい論文] 光学活性アミンの絶対配置と光学純度をシッフ塩基にして決めます
でっかいアルデヒドと反応させます。
Org. Biomol. Chem. 2019, 17 (27), 6699−6705.

[読みたい論文] ピロ亜硫酸カリウムを二酸化硫黄源にしてスルホンを合成します。
ハロゲン化アリールと、Pd触媒下で。
Chem. Lett. 2019, 48 (8), 760−763.

[読みたい論文] Diels−Alder反応: ホウ素原子一つでexo選択的に?
教科書的にはendo選択的なはずがどうしてこうなった
Org. Lett. 2019, 21 (13), 5068−5072.

 

注目のWebコンテンツ

レーザーとマイクロ流体チップによる超高速セルソーター 〜レーザーで従来方法の限界を突破〜
(奈良先端科学技術大学院大学)
http://www.naist.jp/pressrelea...

化学構造を手掛かりにしたデータサイエンスの手法で、 天然物化合物の生合成経路の予測に成功! 有機分子の特性や薬剤設計の研究への活用期待
(奈良先端科学技術大学院大学)
http://www.naist.jp/pressrelea...

細胞が生きたままでミトコンドリアの内膜構造が鮮明に見えた −ミトコンドリアの形態制御異常がもたらす神経変性疾患の診断技術や創薬開発ツールとして期待−
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2...

チンパンジーが赤ちゃんに注目することを発見 −視線計測で乳児への興味の種差が明らかに−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...

レーザーとマイクロ流体チップによる超高速セルソーター〜レーザーで従来方法の限界を突破〜
(東京大学)
https://www.t.u-tokyo.ac.jp/fo...

シカによる食害がガ類群集の変化に影響した可能性 ~ガ類を用いた環境モニタリングによる自然再生に期待~
(九州大学)
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/36...

神経核内封入体病(NIID)の原因遺伝子を同定
(名古屋大学)
https://www.med.nagoya-u.ac.jp...

植物は自分のおかれた環境を細胞レベルで記憶する 〜 植物細胞における記憶の仕組みの解明に道筋 〜
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/abou...

精密医療の基幹技術を担う、血流中のcell-free DNAの生成メカニズムを解明 〜DNA切断酵素「DNase1L3」はcfDNAの生成に大きく関わり、がん転移を抑制する可能性も 〜
(東京理科大学)
https://www.tus.ac.jp/mediarel...

アルツハイマー病の原因蛋白質タウの 凝集体形成を開始させる分子を同定
(新潟大学)
https://www.niigata-u.ac.jp/wp...

「見た目の多様性」が種の栄枯盛衰に関係 種内での色彩の多様性と分布の広さや絶滅リスクが関係― 昆虫と脊椎動物で検証
(千葉大学)
http://www.s.chiba-u.ac.jp/pr/...

 

注目の論文

[Energy Fuels 2019072301164, 2019, 7−5996]
Quantitative Description of Catalysis of Inherent Metallic Species in Lignite Char during CO2 Gasification
(Halim, Nurulhuda; Ashik, U.P.M.; Gao, Xiangpeng; Kudo, Shinji; Sanwani, Edy; Norinaga, Koyo; Hayashi, Jun-ichiro)
Tag: TD, C, Cat

ナノ粒子  
[Energy Fuels 20190723011713, 2019, 7−6076]
Experimental Investigation of Aluminosilicate Nanoparticles for Enhanced Recovery of Waxy Crude Oil
(Wijayanto, Tito; Kurihara, Masanori; Kurniawan, Teguh; Muraza, Oki)
Tag: IFT, EOR, NP, IFT

[Energy Fuels 20190723011824, 2019, 7−6148]
Simulation of Spontaneous Heating of a Small Fixed Bed of Dried Coal Exposed to a Flowing Wet Air Stream
(Miura, Kouichi)
Tag: O, HOA

[Energy Fuels 20190723012022, 2019, 7−6327]
Increasing the Penetration Depth of Microwave Radiation Using Acoustic Stress to Trigger Piezoelectricity
(Morte, Matthew; Dean, John; Kitajima, Hiroko; Hascakir, Berna)
Tag: VNA, ABS

[Energy Fuels 20190723012147, 2019, 7−6436]
Effect of Hydrothermal Carbonization Conditions on the Physicochemical Properties and Gasification Reactivity of Energy Grass
(Qadi, Nasim; Takeno, Keiji; Mosqueda, Alexander; Kobayashi, Makoto; Motoyama, Yukihiro; Yoshikawa, Kunio)
Tag: tr, XRF, HTC, FL, XR, FT, ret, TG, TGA, HHV, RT, XRD, IR, Cat

[Acta Mater. 20190723020154, 2019, −276]
Development of high coercivity anisotropic Nd-Fe-B/Fe nanocomposite powder using hydrogenation disproportionation desorption recombination process
(Sepehri-Amin, H.; Dirba, I.; Tang, Xin; Ohkubo, T.; Schrefl, T.; Gutfleisch, O.; Hono, K.)
Tag: AP, GB, EM, Mat, APT, GBE, HREM, HDDR, e-

希土類  
[Acta Mater. 2019072302027, 2019, −1]
Role of Co on the magnetic properties of Ce-substituted Nd-Fe-B hot-deformed magnets
(Tang, Xin; Sepehri-Amin, H.; Matsumoto, M.; Ohkubo, T.; Hono, K.)
Tag: GB, RE, GBP

[Tetrahedron Lett. 20190723020411, 2019, 31−2049]
Functionalized metallonanobelt derivatives having quinoxaline scaffold prepared from a common precursor
(Sakata, Yoko; Furukawa, Yoshiki; Akine, Shigehisa)
Tag: 91-19-0, TPC

[Tetrahedron Lett. 20190723020432, 2019, 31−2067]
Total synthesis of lycoperdic acid and its C4-epimer
(Morokuma, Kenji; Irie, Raku; Oikawa, Masato)
Tag: as

[Tetrahedron Lett. 20190723020432, 2019, 31−2067]
Total synthesis of lycoperdic acid and its C4-epimer
(Morokuma, Kenji; Irie, Raku; Oikawa, Masato)
Tag: as

[Tetrahedron Lett. 20190723020450, 2019, 31−2059]
Total synthesis of the tricyclic humulanolide wilfolide B
(Abe, Hideki; Sato, Saki; Oishi, Wakana; Tamura, Mei; Kobayashi, Toyoharu; Ito, Hisanaka)
Tag: SmI2, Kagan's reagent, R, RCM, 8MR, SC