[読みたい論文] C−Hボリル化: 先住民と移住民

Viewed: 19:57:37 in December 11, 2019

Posted: August 27, 2019

Boryl-Directed, Ir-Catalyzed C(sp3)−H Borylation of Alkylboronic Acids Leading to Site-Selective Synthesis of Polyborylalkanes (Yamamoto, Takeshi; Ishibashi, Aoi; Suginome, Michinori)Org. Lett. 2019, 21 (16), 6235−6240.

Keywords: Ir; Bpza; Bpin; PTSA; C−H bond activation; cod


アルキルホウ素化合物のC−H結合活性化を経るボリル化について報告しているようです。Ir触媒下で進行します。Supporting Informationには具体的な触媒が直接書かれていない(私が読みきれていない可能性大)っぽいのですが、[Ir(OMe)(cod)]2かなという気はしており、本文を読んで確認をしたいところです。2段目の反応で「元からある」ボリル基の部分をピナコールエステルに変換しています。

基質のアルキル基のどのC−H結合が優先的に活性化されるかがC−H結合活性化反応での重要なテーマの一つでもあるわけですが、この論文の反応では、ホウ素原子が結合した炭素原子とボリル基が結合した生成物が得られており、ここのC−H結合は一番反応しやすいということなのでしょう。

そして、ホウ素原子が結合した炭素のC−H結合が複数ある場合には、複数のボリル基が入り、例えば基質のアルキル基がメチル基の場合には下のような化合物の生成する模様。


Supporting Informationを読んで行くと、いろんな種類のアルキルホウ素化合物について反応を試しており、これらの結果からボリル基が入りやすい(=入りにくい)C−H結合がどのようなものなのかを丁寧に調べているのだろうと想像しました。この論文、私の妄想ではありますが、J. Am. Chem. Soc.などのよりハイレベル(?)な雑誌に投稿・リジェクトされてたんじゃないかと。

読み応えがありそうなので、読みたい論文に追加です。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

1972年はこんな年

人名反応など
Baylis−Hillman反応Bergman環化 [Doi 1]
Corey−Fuchs反応 [Doi 1]
Corey−Kim酸化 [Doi 1]
Hemetsbergerインドール合成 [Doi 1]
Ireland−Claisen転位 [Doi 1]
Kumada−Tamao−Corriu カップリング [Doi 1]
Nicholas反応 [Doi 1]
ノーベル化学賞
リボヌクレアーゼ分子の構造に関する研究
(Christian Boehmer Anfinsen, Stanford Moore, William Howard Stein)
できごと
札幌オリンピック
グアム島で元日本陸軍兵士横井庄一発見
小僧寿し本部設立
あさま山荘事件
惑星探査機パイオニア10号打ち上げ
似鳥家具店(ニトリ)設立
モスバーガーの第一号実験店舗が開店
山陽新幹線・新大阪駅−岡山駅間開業
高松塚古墳で極彩色壁画の発見
アメリカから日本へ沖縄返還、沖縄県発足
労働安全衛生法施行
「日本列島改造論」発表
ウォーターゲート事件
ポンドの変動相場制移行
最高裁判所で日照権が初めて認められる判決
ハイセイコーがデビュー
「シビック」発売(本田技研工業)
「ビッグコミックオリジナル」創刊(小学館)
「太陽にほえろ!」放送開始(日本テレビ)
ランドサット1号打ち上げ
「カシオミニ」発売(カシオ計算機)
「必殺仕掛人」放送開始(朝日放送)
「オセロ」発売(ツクダオリジナル)
自動車の初心者マークが制定
「すし太郎」発売(永谷園)
日本の鉄道開業100年
八丈島東方沖地震(M7.2)
昭和47年7月豪雨
「ゴッドファーザー」公開

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

雨を待つカメ。多分外来種。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ− 2019年3Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年7〜9月)。

 

[読みたい論文] アリル鉛化合物: πかメタラサイクルかそれともσか?
アレンと鉛ヒドリドの反応。
Chem. Commun. 2019, 55 (69), 10238−10240.

[読みたい論文] マンガン触媒でカルバミン酸類とか水素還元します。
たぶん配位子のあの部分が重要。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (33), 12962−12966.

[読みたい論文] アリールアレンからインデン骨格を作ります。
ホウ素アタックが鍵です。
Chem. Commun. 2019, 55 (68), 10166−10169.

[読みたい論文] なんでそっちのC−H結合が活性化されるん?
2価パラジウムを使った反応です。
Chem. Commun. 2019, 55 (67), 9983−9986.

[読みたい論文] スズ−スズ三重結合が一気に切れたり繋がったりします。
切れた後のスズの多重度は?
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (32), 12527−12530.

[読みたい論文] 温和な条件下で進行するレゾルシノール類のKolbe−Schmitt反応
触媒反応ならなお良かった。
Chem. Commun. 2019, 55 (66), 9837−9840.

[読みたい論文] Pd触媒下でのα炭素上ニトロ基があるアリリックエステルの脱炭酸を伴う炭素−炭素結合形成反応でしかもエナンチオ選択的。
御大の名前入り論文。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (34), 11820−11825.

[読みたい論文] 触れられそうだけど触れられないアミーゴ!
限られた人だけが扱える有機金属化合物。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (34), 11695−11699.

[読みたい論文] うまくやれば白く光るヒドラゾン化合物
2つの発光バンドをどう制御するか。
Chem. Commun. 2019, 55 (64), 9551−9554.

[読みたい論文] アルデヒドからイミンにするのが無理っぽいのでアミドからにします
フッ素化合物の宿命。
Chem. Commun. 2019, 55 (64), 9436−9439.

 

注目のWebコンテンツ

世界最高レベルの波長分解能を持つ分光型赤外線センサーを開発 〜50nm台の波長分解能と±1°の指向性を実現 より高度な温度センサーや位置センサー実現へ〜
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/annou...
NIMSは物質の熱ふく射注1)を波長分解し、かつ、飛来する方向を絞って検出できる多波長型(分光型注2))の赤外線センサーを開発しました。…

関節リウマチの二つの自己抗体価に対する喫煙の影響 −遺伝的背景により異なる効果が認められた−
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2...
理化学研究所(理研)生命医科学研究センターゲノム解析応用研究チームの石川優樹客員研究員、寺尾知可史チームリーダーらの共同研究グループ※は、関節リウマチ(RA)患者における「喫煙歴」がRAの二つの自己抗体[1]価、「抗CCP抗体(ACPA)[2]」と「リウマチ因子(RF)[3]」に及ぼす影響が、遺伝的背景によって異なることを発見しました。…

南極の海洋生物起源の硫酸塩エアロゾルは氷期に減少していた ― 南極ドームふじアイスコア分析データの解析から ―
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/abou...
国立極地研究所(所長:中村卓司)の東久美子教授を中心とする研究グループは、南極のドーム。…

タンパク質の動きが病気を引き起こす ~ パーキンソン病の原因タンパク質の分子運動を観測することに成功 ~
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/abou...
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長平野俊夫。…

世界最高レベルの波長分解能を持つ分光型赤外線センサーを開発 ~50nm台の波長分解能と±1°の指向性を実現 より高度な温度センサーや位置センサー実現へ~
(物質・材料研究機構)
https://www.nims.go.jp/news/pr...
NIMSは物質の熱ふく射を波長分解し、かつ、飛来する方向を絞って検出できる多波長型(分光型)の赤外線センサーを開発しました。…

遠赤外線自由電子レーザーによる、アミロイド線維の効果的な分解を確認 〜アミロイド関連疾患の低侵襲治療への応用に期待〜
(東京理科大学)
https://www.tus.ac.jp/mediarel...
東京理科大学総合研究院赤外自由電子レーザー研究センターの川崎平康研究員、理学部化学科の築山光一教授、大阪大学産業科学研究所の入澤明典助教らの研究グループは、テラヘルツ領域(波長50〜100マイクロメートルの遠赤外線)の自由電子レーザーを用いて、タンパク質のアミロイド線維を効果的に分解できることを世界で初めて明らかにしました。…

南極の海洋生物起源の硫酸塩エアロゾルは氷期に減少していた―南極ドームふじアイスコア分析データの解析から―
(山形大学)
https://www.yamagata-u.ac.jp/j...
国立極地研究所(所長:中村卓司)の東久美子教授を中心とする研究グループは、南極のドームふじで掘削されたアイスコア(図1)のイオン分析データを用いて、南極海の植物プランクトンに由来する硫酸塩エアロゾルの変動を、過去72万年間にわたって推定しました。…

蛍光で見る体内のタンパク質分解の実態 リソソーム病の解明に期待
(千葉大学)
http://www.chiba-u.ac.jp/gener...
千葉大学大学院理学研究院の板倉英祐助教らの研究グループは、細胞内タンパク質の分解量を蛍光タンパク質によって簡便に解析できる手法を開発しました。…

岡山大学で開発した医療用針穿刺ロボット(Zerobot®)の初めての臨床試験を実施!10例全例で成功!
(岡山大学)
https://www.okayama-u.ac.jp/tp...
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の平木隆夫研究教授、大学院自然科学研究科の松野隆幸准教授、大学院ヘルスシステム統合科学研究科の亀川哲志講師らのグループは、2018年度に、岡山大学で開発したCTガイド下針穿刺ロボット(Zerobot®)を用いた人に対する初めての臨床試験(First-in-human試験)を実施しました。…

汗孔角化症の発症メカニズムを解明−日本人の400人に1人が生まれつき発症素因を持つことが明らかに−
(慶應義塾大学)
https://www.keio.ac.jp/ja/pres...
慶應義塾大学医学部皮膚科学教室の久保亮治(くぼあきはる)准教授、国立成育医療研究センター周産期病態研究部の中林一彦室長らの共同研究グループは、汗孔角化症(かんこうかっかしょう)という皮膚病になる生まれつきの素因を、日本人の400人に1人が持っていることを明らかにしました。…

バッテリーを作成するために
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

 

注目の論文

[Acc. Chem. Res. 20190826063559, 2019, 8−2046]
Isomer Effects of Fullerene Derivatives on Organic Photovoltaics and Perovskite Solar Cells
(Umeyama, Tomokazu; Imahori, Hiroshi)
Tag: PSC, PV, Si, OPV, OVD, C60, 107-92-6, PCE, TFSC, EL, ETM, Me, Ph, e-, TF, P

自己集合 ナノ粒子  
[Acc. Chem. Res. 20190826064039, 2019, 8−2090]
Interfacial Chemistry of Conical Fullerene Amphiphiles in Water
(Harano, Koji; Nakamura, Eiichi)
Tag: ML, C60, HC, TM, NP, CAC, SA, C

[Acc. Chem. Res. 20190826065737, 2019, 8−2332]
Near-Infrared Photoimmunotherapy of Cancer
(Kobayashi, Hisataka; Choyke, Peter L.)
Tag: photochem, DCC, DC, Si, Ab, ctx, mAB, NIR, Pc, ICI, Pht, CSC, IR, ICD

カーボンナノチューブ  
[Acc. Chem. Res. 20190826070220, 2019, 8−2392]
Bent Anthracene Dimers as Versatile Building Blocks for Supramolecular Capsules
(Yoshizawa, Michito; Catti, Lorenzo)
Tag: NT, PEO, C, R, C60, em, anth, ANT, AN, TA, TMA, GM, In, pyr, 57-50-1, CNT, H2TPP, Pc, Py, 5821-51-2, SC, Pht, BB, NR, PE

液晶  
[ACS Appl. Mater. Interfaces 20190826075427, 2019, 33−30163]
Electrochemical Synthesis of Poly(3,4-ethylenedioxythiophene) Film Having Dot Structures for Diffraction Grating
(Eguchi, Naoto; Goto, Hiromasa)
Tag: AF, HP, NS, PEDT, HPC, EC, UV, EM, VL, LC, OTS, AFM, e-, SEM

[ACS Macro Lett. 20190826082010, 2019, 8−1006]
Dynamics Gradient of Polymer Chains near a Solid Interface
(Nguyen, Hung K.; Sugimoto, Shin; Konomi, Asuka; Inutsuka, Manabu; Kawaguchi, Daisuke; Tanaka, Keiji)
Tag: BR, PI, PIP, FL, TR, DRS, DSR, NBR, SFG

[ACS Chem. Biol. 20190826082956, 2019, 8−1819]
Mechanism of Action of Prethioviridamide, an Anticancer Ribosomally Synthesized and Post-Translationally Modified Peptide with a Polythioamide Structure
(Takase, Shohei; Kurokawa, Rumi; Kondoh, Yasumitsu; Honda, Kaori; Suzuki, Takehiro; Kawahara, Teppei; Ikeda, Haruo; Dohmae, Naoshi; Osada, Hiroyuki; Shin-ya, Kazuo; Kushiro, Tetsuo; Yoshida, Minoru; Matsumoto, Ken)
Tag: AARS, MITO, AV, MOA, ISR, T

[Dalton Trans. 20190826083926, 2019, 33−12421]
Paddlewheel-type diruthenium(III,III) tetrakis(2-aminopyridinate) complexes with NIR absorption features: combined experimental and theoretical study
(Kataoka, Yusuke; Imasaki, Nanako; Arakawa, Kazuki; Yano, Natsumi; Sakiyama, Hiroshi; Sugimori, Tamotsu; Mitsumi, Minoru; Handa, Makoto)
Tag: ABS, NIR, IR

[Dalton Trans. 20190826084014, 2019, 33−12522]
Luminescent twelve-nuclear rhenium clusters
(Gayfulin, Yakov M.; Brylev, Konstantin A.; Ryzhikov, Maxim R.; Samsonenko, Denis G.; Kitamura, Noboru; Mironov, Yuri V.)
Tag: Re

[Chem. Eur. J. 2019082608518, 2019, 47−11036]
Isolation of an N‐Heterocyclic Carbene Complex of a Borasilene
(Franz, Daniel; SzilvÃsi, Tibor; PÃthig, Alexander; Inoue, Shigeyoshi)
Tag: B, DB

ナノ粒子  
[Chem. Eur. J. 20190826085239, 2019, 47−11048]
Nanoscopic Porous Iridium/Iridium Dioxide Superstructures (15?nm): Synthesis and Thermal Conversion by In?Situ Transmission Electron Microscopy
(Pappert, Kevin; Loza, Kateryna; Shviro, Meital; Hagemann, Ulrich; Heggen, Marc; Dunin‐Borkowski, Rafal E.; Schierholz, Roland; Maeda, Takuya; Kaneko, Kenji; Epple, Matthias)
Tag: Ir, ET, O, EM, Na, NP, TEM, e-, Cat

[Chem. Eur. J. 20190826085459, 2019, 47−11066]
Humidity‐Induced Switching between Two Magnetic and Structural Phases in a CoII‐[WV(CN)8] Molecular Magnet
(Komori‐Orisaku, Keiko; StefaÅ?czyk, Olaf; Ohishi, Saori; Ozaki, Noriaki; Miyamoto, Yasuto; Imoto, Kenta; Ohkoshi, Shin‐ichi)
Tag: RH

ナノ粒子  
[Chem. Eur. J. 20190826085714, 2019, 47−11105]
Core–Shell Pd@M (M=Ni, Cu, Co) Nanoparticles/Graphene Ensembles with High Mass Electrocatalytic Activity Toward the Oxygen Reduction Reaction
(Perivoliotis, Dimitrios K.; Sato, Yuta; Suenaga, Kazu; Tagmatarchis, Nikos)
Tag: O, MNP, 107-92-6, NP, Pyr, Py, C, ORR

[Chem. Eur. J. 20190826090314, 2019, 47−11157]
Characterization and Reactivity of a Tetrahedral Copper(II) Alkylperoxido Complex
(Shimizu, Ikuma; Morimoto, Yuma; Velmurugan, Gunasekaran; Gupta, Tulika; Paria, Sayantan; Ohta, Takehiro; Sugimoto, Hideki; Ogura, Takashi; Comba, Peter; Itoh, Shinobu)
Tag: PhOH, BA

[Chem. Eur. J. 20190826090426, 2019, 46−10792]
Synthesis and Characterization of Pheox? and Phebox–Aluminum Complexes: Application as Tunable Lewis Acid Catalysts in Organic Reactions
(Nishimoto, Yoshihiro; Nakao, Shuichi; Machinaka, Shota; Hidaka, Fumiko; Yasuda, Makoto)
Tag: LA, C, Cat

[Chem. Eur. J. 20190826090614, 2019, 46−10818]
Asymmetric Hydrogenation of Aryl Perfluoroalkyl Ketones Catalyzed by Rhodium(III) Monohydride Complexes Bearing Josiphos Ligands
(BrÃning, Fabian; Nagae, Haruki; KÃch, Daniel; Mashima, Kazushi; Togni, Antonio)
Tag: as, PFA, JOSIPHOS, C, Ar

[Chem. Eur. J. 20190826091242, 2019, 46−10913]
Cyanide‐Free One‐Pot Synthesis of Methacrylic Esters from Acetone
(Koyama, Minoru; Kawakami, Takafumi; Okazoe, Takashi; Nozaki, Kyoko)
Tag: ACN, AN, ANT, MeCN, 67-66-3, DMK, BN, MMA, Me, ACE

[Eur. J. Org. Chem. 20190826094753, 2019, 30−4906]
Diastereoconvergent Synthesis of Chiral Diarylmethyl Sulfones by Direct Sulfonylation of Diarylmethanols Diastereomixtures with Sodium Sulfinates Catalyzed by SnBr2
(Yamamoto, Hiroshi; Nakata, Kenya)
Tag: Na, C