[読みたい論文] テトラインの一発4閉環反応

Viewed: 08:27:47 in December 7, 2019

Posted: November 13, 2019

Four-Fold Alkyne Benzannulation: Synthesis, Properties, and Structure of Pyreno[a]pyrene-Based Helicene Hybrids (Bam, Radha; Yang, Wenlong; Longhi, Giovanna; Abbate, Sergio; Lucotti, Andrea; Tommasini, Matteo; Franzini, Roberta; Villani, Claudio; Catalano, Vincent J.; Olmstead, Marilyn M.; Chalifoux, Wesley A.)
Org. Lett. 2019, 21 (21), 8652−8656.

Keywords: Suzuki−Miyaura coupling; OTf; BPin; TFA; TfOH; HPLC; CD; 有機化学; ブログ


上のスキームの中央、ナフタレン骨格が中心にあり炭素−炭素三重結合を4つ持つ化合物の閉環反応と生成物の物性に関する論文のようです。

閉環反応、具体的にはアルキンの分子内ヒドロアリール化で、触媒としてプロトン酸を使用しています。トリフルオロメタンスルホン酸を使用すれば4箇所全て閉環、トリフルオロ酢酸を使えば部分的に閉環させることもできます。Supporting Informationにありますが、部分的に閉環させた場合の、想定される生成物の一部がnot isolatedとあるのが気になります。これ、生成しなかったのか、それぞれの生成物を分離できなかったのか、どっちなんでしょうね。

その生成物ですが、構造上π共役系がねじれないわけにはいかず、結果としてキラリティがあります。反応により生じるのは両エナンチオマーですが、HPLCとキラルカラムでそれぞれのエナンチオマーに分離し、CDスペクトルなどを測定しているようですね。使用しているキラルカラムは…と、これ、もしかして分取用じゃなくて分析用だったりしますか?

合成例は少なめですが、物性評価の関する実験が多くありそうで、本文のコンテンツが盛りだくさんのような気がしますので、読みたい論文に追加です。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

アゴ乗せミケ。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ− 2019年4Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。

 

Buchwaldらのグループが報告するアリルアルコール類の不斉γ-アミノ化
キラル銅触媒を使います。
Org. Lett. 2019, 21 (21), 8736−8739.

フッ素化された安息香酸のベンジルエステルを使用するマロン酸エステルのベンジル化
ニッケル触媒。オムスギャップ。
Org. Lett. 2019, 21 (21), 8837−8841.

ホスフィン触媒で進行するシクロプロペノンの環拡大反応
プロパルギルアルコールから始まるシクロペンテノン化合物の合成。
Org. Lett. 2019, 21 (21), 8695−8699.

[読みたい論文] ベンジルマンガンとヨウ化アルケニルの交差カップリング
Knochel教授の継続的な研究。
Org. Lett. 2019, 21 (21), 8684−8688.

[読みたい論文] 求電子置換型の酸クロリドとアルケンの反応です
アルミニウム触媒と塩基の使い方が絶妙。
Org. Lett. 2019, 21 (21), 8509−8513.

[読みたい論文] カルベンがアレーンの芳香族性を破壊してシクロプロパン骨格になります
金属触媒なし、可視光下で進みます。
Org. Lett. 2019, 21 (21), 8814−8818.

[読みたい論文] クロロシランも金属触媒も使わずにベンゼン環炭素−ケイ素結合を形成します。
ビフェニル化合物とヒドロシランからのシラフルオレン合成。
Chem. Commun. 2019, 55 (88), 13303−13306.

[読みたい論文] イミダゾリウム塩から超リッチな化合物を合成します。
電子供与力のとても高い含窒素π共役系。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (43), 17112−17116.

[読みたい論文] 強塩基を使わない末端アルキンと有機ハライドのクロスカップリング
ホウ素は使われていません。
Chem. Commun. 2019, 55 (87), 13070−13073.

[読みたい論文] アレーンの特定の位置の炭素−水素結合を炭素−酸素結合に変換します。
でっかいスルホニウム塩経由です。
Angew Chem. Int. Ed. 2019, 58 (45), 16161−16166.

 

注目のWebコンテンツ

110歳以上の超長寿者が持つ特殊なT細胞 -スーパーセンチナリアンの免疫細胞を1細胞レベルで解析-
(理化学研究所)
https://www.riken.jp/press/201...
理化学研究所(理研)生命医科学研究センタートランスクリプトーム研究チームの橋本浩介専任研究員、ピエロ・カルニンチチームリーダーと慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの広瀬信義特別招聘教授(研究当時)らの共同研究グループは、スーパーセンチナリアン(110歳以上)が特殊なT細胞である「CD4陽性キラーT細胞」を血液中に多く持つことを発見しました。…

リグニンは
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

大分大先端医学研究所 たんぱく質間局所構造 精密模倣し相互作用遮断
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

海水中で繰り返し使用できる接着剤を開発~海洋付着生物「イガイ」に学んだモノづくり~
(北海道大学)
https://www.hokudai.ac.jp/news...
北海道大学創成研究機構化学反応創成研究拠点(WPI-ICReDD)・同大学院先端生命科学研究院のFanHailong(フアン ハイロン)研究員,同研究拠点・同研究院・同大学国際連携研究教育局の龔 剣萍(グン チェンピン)教授らの研究グループは,海水中で素早く強力に接着し,繰り返し使用可能な新規接着剤を開発しました。…

110歳以上の超長寿者が持つ特殊なT細胞-スーパーセンチナリアンの免疫細胞を1細胞レベルで解析-
(慶應義塾大学)
https://www.keio.ac.jp/ja/pres...
理化学研究所(理研)生命医科学研究センタートランスクリプトーム研究チームの橋本浩介専任研究員、ピエロ・カルニンチチームリーダーと慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの広瀬信義特別招聘教授(研究当時)らの共同研究グループは、スーパーセンチナリアン(110歳以上)が特殊なT細胞である「CD4陽性キラーT細胞」を血液中に多く持つことを発見しました。…

アディポネクチンは善玉?それとも悪玉? ―高血圧患者における血中アディポネクチン高値は 脳・心血管病の発症リスクに関連―
(熊本大学)
https://www.kumamoto-u.ac.jp/d...
熊本大学大学院生命科学研究部(医学系)の光山勝慶教授、同大学病院地域医療・総合診療実践学寄附講座の松井邦彦特任教授、同大学保健センターの副島弘文准教授らの研究グループは、同研究グループが行った高リスク高血圧患者を対象とした臨床研究(ATTEMPT-CVD研究)データを元に、血中アディポネクチン濃度と…

湖底でガラスの層が急速にできるメカニズムを解明 ~太陽活動を反映した藻の繁殖量の変化が鍵~
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/abou...
名古屋大学大学院環境学研究科博士後期課程の隈隆成さん、高知大学理工学部の長谷川精講師らの研究グループは、米国ユタ州に分布する5千万年前の湖の地層を調べ、これまでは謎だった湖底で硬いガラスの層(チャート層)ができるメカ…

~世界トップ海外研究者、重点研究分野の戦略的研究チームより発表~東京農工大学グローバルイノベーション研究院シンポジウム2019開催
(東京農工大学)
http://www.tuat.ac.jp/outline/...
東京農工大学(学長:大野弘幸、本部:東京都府中市)は、世界水準の教育研究活動を飛躍的に推進する国立大学12大学の一つとして選定され、先端研究のグローバル化に向けた機能強化を進めています。この取組推進のために、平成26年6月にグローバルイノベーション研究機構を設置し、平成28年4月からは新たな大学院研究組織としてグローバルイノベーション研究院を開設して、研究力強化に取り組んでいます。…

ダブルの効果:進行肺がんに有効な治療法 進行肺がんに対する分子標的薬と抗がん剤を組み合わせた新たな治療法を開発
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...
東北大学大学院医学系研究科緩和医療学分野の井上彰(いのうえあきら)教授らのグループは、EGFR遺伝子に異常を持つ進行肺がんにおける新たな治療法の効果について報告しました。2010年に、井上教授らは進行肺がんにおける分子標的薬ゲフィチニブの有効性を報告しましたが、本研究はその治療法をさらに発展させたものであり、進行肺がんでありながら生存期間中央値が50カ月を超える結果が得られ、従来の治療成績(約30カ月)に比べて、治療効果が大幅に向上されました。本研究成果は、2019年11月4日(日本時間11月5日)JournalofClinicalOncology誌(電子版)に掲載されました。…

久々の論文
(ある女性研究者の日記)
https://sunnily.exblog.jp/3090...

はやぶさ2画像データ解析による小惑星リュウグウの衝突クレーター分布
(神戸大学)
https://www.kobe-u.ac.jp/resea...
神戸大学大学院理学研究科惑星学専攻の平田直之助教らの研究グループは、小惑星探査機はやぶさ2のリモートセンシング画像データ解析によって、小惑星リュウグウのクレーター分布を調べ、地表面の歴史の一端を明らかにしました。本研究により、リュウグウの自転が現在より早かった時期が2度あった、あるいは、かなり長期間にわたり継続していた可能性が明らかになりました。…

【Mendely応用編】複数のドキュメントからマスタードキュメントを作成する方法
(Lazy in Chemistry)
https://xxxchem.com/post-1869/

あなたの目の前にライオンの大きさのアリが出現
(沖縄科学技術大学院大学)
https://www.oist.jp/ja/news-ce...
ゴマ粒ほどの体長のアリが、拡張現実(AR)の世界では、ライオンと同じ大きさになり得るのです。…

 

注目の論文

イオン液体  
[Energy Environ. Sci. 2019, 12, 3247−3287]
Advances in sodium secondary batteries utilizing ionic liquid electrolytes
(Matsumoto, Kazuhiko; Hwang, Jinkwang; Kaushik, Shubham; Chen, Chih-Yao; Hagiwara, Rika)
Tag: EC, IL

ナノ粒子  
[Nanoscale Adv. 2019, 1, 4238−4245]
Overall water splitting and hydrogen peroxide synthesis by gold nanoparticle-based plasmonic photocatalysts
(Tada, Hiroaki)
Tag: lb, GNP, AuNP, Au, H, O, NP, HP, H2O2, C

[Nanoscale Adv. 2019, 1, 4282−4289]
Optical properties of plasmonic nanopore arrays prepared by electron beam and colloidal lithography
(Malekian, Bita; Xiong, Kunli; Kang, Evan S. H.; Andersson, John; Emilsson, Gustav; Rommel, Marcus; Sannomiya, Takumi; Jonsson, Magnus P.; Dahlin, Andreas)
Tag: LRO

[RSC Adv. 2019, 9, 35655−35661]
X-ray absorption near edge structure simulation of LiNi0.5Co0.2Mn0.3O2 via first-principles calculation
(Ohnuma, Toshiharu; Kobayashi, Takeshi)
Tag: NEXAFS, XANES, ABS

[RSC Adv. 2019, 9, 35820−35824]
Bulky cations greatly increase the turnover of a native hammerhead ribozyme
(Nakano, Shu-ichi; Yamashita, Hirofumi; Tanabe, Kazuya; Sugimoto, Naoki)
Tag: TOR, am, Alk

[ACS Omega 2019, 4, 16943−16955]
Brain Targeting of Acyl-CoA:Cholesterol O-Acyltransferase-1 Inhibitor K-604 via the Intranasal Route Using a Hydroxycarboxylic Acid Solution
(Shibuya, Kimiyuki; Morikawa, Shigeru; Miyamoto, Masayoshi; Ogawa, Shin-ichiro; Tsunenari, Yoshihiko; Urano, Yasuomi; Noguchi, Noriko)
Tag: AT, Sn, Chol, Chol, COOH, soly.

[ACS Omega 2019, 4, 17134−17139]
Alkaline Stability of Anion-Conductive Ionomer Coated on a Carbon Surface
(Han, Ziyi; Motoishi, Yuki; Fujigaya, Tsuyohiko)
Tag: AEM, Tg, PBI, AEMFC, Et, C, IX, Sn, IMD, imH, Him, imid, FC, CL, oxidn., bim, NPM, curr., Me, IEM, C

配位高分子  
[ACS Omega 2019, 4, 17160−17170]
Ligand Structure Effects on Molecular Assembly and Magnetic Properties of Copper(II) Complexes with 3-Pyridyl-Substituted Nitronyl Nitroxide Derivatives
(Sherstobitova, Tatiana; Maryunina, Kseniya; Tolstikov, Svyatoslav; Letyagin, Gleb; Romanenko, Galina; Nishihara, Sadafumi; Inoue, Katsuya)
Tag: AF, pptn., Et, Het, Pyr, Fm, pyr, CP, Me, Py

[ACS Omega 2019, 4, 17251−17256]
Solvent-Free Fabrication of an Elastomeric Epoxy Resin Using Glycol Lignin from Japanese Cedar
(Ono, Kenta; Tanaike, Osamu; Ishii, Ryo; Nakamura, Takashi; Shikinaka, Kazuhiro; Ebina, Takeo; Nge, Thi Thi; Yamada, Tatsuhiko)
Tag: E, Et, PEG, FT, EG, C2H4, EGDE, IR, PE

[ACS Omega 2019, 4, 17317−17325]
Identification of Quantitative Trait Loci for the Concentrations of Phenylpropanoid Glycosides in Brown Rice
(Nakano, Hiroshi; Takai, Toshiyuki; Kondo, Motohiko)
Tag: lb, 57-50-1, Ph

[ACS Omega 2019, 4, 17542−17546]
Milling in Seconds Accelerates Acetylation of Cellulose in Hours
(Ochiai, Bungo; Watanabe, Toshiya; Hanzawa, Chikako; Akiyama, Koki; Matsumura, Yoshimasa; Shimura, Ryoichiro; Koda, Tomonori; Nishioka, Akihiro)
Tag: OAc, A, CA, H, Ac, HB, Cat

[ACS Omega 2019, 4, 17569−17575]
Air-Stable Thin Films with High and Anisotropic Electrical Conductivities Composed of a Carbon-Centered Neutral π-Radical
(Ito, Hiroshi; Murata, Tsuyoshi; Miyata, Takahiro; Morita, Miwa; Tsuji, Ryotaro; Morita, Yasushi)
Tag: ITO, OMO, SOMO, In, C, R, Sn, MO, e-, TF

鉄  
[ACS Omega 2019, 4, 17593−17599]
Nanometer-Scale Distribution of a Lubricant Modifier on Iron Films: A Frequency-Modulation Atomic Force Microscopy Study Combined with a Friction Test
(Moriguchi, Shiho; Tsujimoto, Teppei; Sasahara, Akira; Kokawa, Ryohei; Onishi, Hiroshi)
Tag: at., AF, Pr, det., lb, Fe, C, Sn, HC, VP, OTS, AFM

[ACS Omega 2019, 4, 17752−17761]
Comparison of the Effect of Coaddition of Li Compounds and Addition of a Single Li Compound on Reactivity and Structure of Magnesium Hydroxide
(Kurosawa, Ryo; Takeuchi, Masato; Ryu, Junichi)
Tag: Sn, XR, decompn., OTS, XRD

[ACS Omega 2019, 4, 17890−17893]
Continuous Mesoporous Aluminum Oxide Film with Perpendicularly Oriented Mesopore Channels
(Shibuya, Yuuta; Katayama, Kazuya; Akutsu-Suyama, Kazuhiro; Yamaguchi, Akira)
Tag: PD, Glu, Sn, GI, GISAX, GISAXS, GOD, GOx, Glc, expt., Glu, Glu, Cat

[RSC Adv. 2019, 9, 34793−34803]
Conversion of methane to C2 and C3 hydrocarbons over TiO2/ZSM-5 core–shell particles in an electric field
(Han, Qiao; Tanaka, Atsuhiro; Matsumoto, Masayuki; Endo, Akira; Kubota, Yoshihiro; Inagaki, Satoshi)
Tag: ene, EF, Et, Pr, OCM, C2H6, C2H4, ETP, C, CH4

量子ドット  
[RSC Adv. 2019, 9, 34964−34971]
BRET based dual-colour (visible/near-infrared) molecular imaging using a quantum dot/EGFP–luciferase conjugate
(Tsuboi, Setsuko; Jin, Takashi)
Tag: FP, MI, GFP, QD, NIR, Luc, eGFP, EGFP, IR

[RSC Adv. 2019, 9, 35039−35044]
p-MoS2/n-InSe van der Waals heterojunctions and their applications in all-2D optoelectronic devices
(Li, Pan; Yuan, Kai; Lin, Der-Yuh; Wang, Tingting; Du, Wanying; Wei, Zhongming; Watanabe, Kenji; Taniguchi, Takashi; Ye, Yu; Dai, Lun)
Tag: HJ, SC, e-

[Soft Matter 2019, 15, 8741−8748]
Detachment of a fluid membrane from a substrate and vesiculation
(Noguchi, Hiroshi)

オルガノゲル  
[Soft Matter 2019, 15, 8896−8904]
Hydrogelation with a water-insoluble organogelator – surfactant mediated gelation (SMG)
(Aramaki, Kenji; Koitani, Sachi; Takimoto, Eriko; Kondo, Masashi; Stubenrauch, Cosima)
Tag: OG

鉄  
[Environ. Sci. Technol. 2019, 53, 12247−12256]
Nitrogen Speciation and Isotopic Composition of Aerosols Collected at Himalayan Forest (3326 m a.s.l.): Seasonality, Sources, and Implications
(Bhattarai, Hemraj; Zhang, Yan-Lin; Pavuluri, Chandra Mouli; Wan, Xin; Wu, Guangming; Li, Peilin; Cao, Fang; Zhang, Wenqi; Wang, Yongjie; Kang, Shichang; Ram, Kirpa; Kawamura, Kimitaka; Ji, Zhenming; Widory, David; Cong, Zhiyuan)
Tag: Fe, N, em, Sn, am, TN, ON, LRAT

鉄  
[Environ. Sci. Technol. 2019, 53, 12300−12310]
Plastic Teabags Release Billions of Microparticles and Nanoparticles into Tea
(, Laura; Hernandez, M.; Xu, Elvis Genbo; Tahara, Rui; Maisuria, Vimal B.; Tufenkji, Nathalie)
Tag: FTIR, pht, det., PE, ES, Fe, PETE, Et, PET, Sn, XPS, FT, PS, C2H4, e-, IR, PE

鉄 福島第一原子力発電所  
[Environ. Sci. Technol. 2019, 53, 12339−12347]
Transport and Redistribution of Radiocesium in Fukushima Fallout through Rivers
(Taniguchi, Keisuke; Onda, Yuichi; Smith, Hugh G.; Blake, William; Yoshimura, Kazuya; Yamashiki, Yosuke; Kuramoto, Takayuki; Saito, Kimiaki)
Tag: Fe, PFU, Sn, NPP, FDNPP

[Environ. Sci. Technol. 2019, 53, 12398−12406]
Soil Microbial Communities Involved in Reductive Dissolution of Arsenic from Arsenate-Laden Minerals with Different Carbon Sources
(Yamamura, Shigeki; Kurasawa, Hibiki; Kashiwabara, Yuta; Hori, Tomoyuki; Aoyagi, Tomo; Nakajima, Nobuyoshi; Amachi, Seigo)
Tag: aq., As, OAc, A, C, Sn, HT

鉄  
[Environ. Sci. Technol. 2019, 53, 12506−12518]
Radical Formation by Fine Particulate Matter Associated with Highly Oxygenated Molecules
(Tong, Haijie; Zhang, Yun; Filippi, Alexander; Wang, Ting; Li, Chenpei; Liu, Fobang; Leppla, Denis; Kourtchev, Ivan; Wang, Kai; Keskinen, Helmi-Marja; Levula, Janne T.; Arangio, Andrea M.; Shen, Fangxia; Ditas, Florian; Martin, Scot T.; Artaxo, Paulo; Yamamoto, Carlos I.; Huang, Ru-Jin; Berkemeier, Thomas; Wang, Yueshe; Su, Hang; Cheng, Yafang; Pope, Francis D.; Fu, Pingqing; Yao, Maosheng; Pöhlker, Christopher; Petäjä, Tuukka; Kulmala, Markku; Andreae, Meinrat O.; Shiraiwa, Manabu; Pöschl, Ulrich; Hoffmann, Thorsten; Kalberer, Markus)
Tag: esp., aq., 78-79-5, IP, Fe, MR, R, EPR, ESR, O, PM, NpH, SOA, oxidn., OA, FPM, e-, HOM

[Environ. Sci. Technol. 2019, 53, 12784−12792]
Oxidative Potential of Particulate Matter and Generation of Reactive Oxygen Species in Epithelial Lining Fluid
(Fang, Ting; Weber, Rodney J.; Shiraiwa, Manabu)
Tag: lb, OS, ROS, R, Sn, O, PM, DTT, HULIS, ELF, VC, AA, HLS

[Lab Chip 2019, 19, 3844−3852]
Parallel multiphase nanofluidics utilizing nanochannels with partial hydrophobic surface modification and application to femtoliter solvent extraction
(Kazoe, Yutaka; Ugajin, Takuya; Ohta, Ryoichi; Mawatari, Kazuma; Kitamori, Takehiko)
Tag: aq.