[読みたい論文] 有機セリウムで無触媒炭素−炭素結合形成

Viewed: 08:06:15 in December 9, 2019

Posted: January 16, 2019

[Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (4), 1188−1192] Catalyst-Free Enantiospecific Olefination with In Situ Generated Organocerium Species (Music, Arif; Hoarau, Clément; Hilgert, Nicolas; Zischka, Florian; Didier, Dorian)

塩化セリウムと有機リチウムから作った有機セリウムとハロゲン化アルケニルまたはハロゲン化アリールを反応させ、続けて有機基がホウ素原子に結合したピナコールボランを反応させると、有機基とアルケニル基の炭素−炭素結合が形成するという論文のようです。有機セリウムの調製法についても検討しているようで、CeCl3•2LiClからのものを使ったりしています。

塩化セリウム/有機リチウムといえばImamoto reagentですよね。エノール化しやすいカルボニル化合物に対しても求核剤として機能してくれる、便利な試薬です。この論文の要旨でも触れています。

この論文の反応、d-ブロック遷移金属などの触媒が不要なのが売りのようです。セリウムをたくさん使用しますが、この反応で合成したい化合物の価値とのバランスになるのでしょう。

ピナコールボランに結合した炭素の立体が保持されるのか、反転するのか、要旨中に"enantiospecific"とありますのでどちらかだとは思うのですが、Supporting Informationで一例見た限りは"保持"でしょうか。基質依存性があるかもしれませんので、論文本体を見る必要がありそうです。

出発のハロゲン化アルケニルのE/Zが維持されるのかも気になりますね。速度論的支配下で止まるのか、熱力学的に安定な異性体に転換するのか。そんなわけで、読みたい論文に追加です。

Keywords: BPin

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ − 2019年1Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年1〜3月)。

 

[読みたい論文] リン−ホウ素系6員環frustrated Lewis pair
この浮気者〜!。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (3), 882−886.

[今日描いた構造式] tris(2,6-difluorophenyl)borane
FLPでアミドを還元的に水素化。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (1), 159−162.

[今日描いた構造式] 3-(4-(trifluoromethyl)phenyl)pyridine
アリール−アリールカップリング。
J. Am. Chem. Soc. 2018, 140 (51), 17851−17856.

[化学系論文] 日本人著者の論文のシェア 2018年版
2017年のデータと比較しました。

[今日描いた構造式] 2-phenyl-4,5,6,7-tetrahydro-1,3-oxazepine
開環重合のモノマー。
J. Am. Chem. Soc. 2018, 140 (50), 17404−17408.

[研究室での事件] 結晶化の苦労を台無しにする輩
伝え聞いた話です。

[今日描いた構造式] ジシレン化合物
ケイ素−ケイ素二重結合、しかもケイ素原子は2価。
J. Am. Chem. Soc. 2018, 140 (49), 16962−16966.

[化学系論文: 日本人著者の論文のシェア] 2017年版の集計が終わりました。
ツートップはもちろんあの雑誌。

[今日描いた構造式] N-(phenylthio)phthalimide
フェニルチオ源として不斉反応に。
J. Am. Chem. Soc. 2018, 140 (46), 15621−15625.

[今日描いた構造式] benzo[de]chromene
1-ナフトールとアルキンから。
Chem. Commun. 2018, 54 (91), 12879−12882.

[今日描いた構造式] tris(trimethylsilyl)phosphine
tBu3Pとの構造の違いが気になります。

[今日描いた構造式] dinaphtho[2,3-d:2′,3′-d′]anthra[1,2-b:5,6-b′]dithiophene
合成から有機トランジスタ特性の評価まで。

[今日描いた構造式] 1H-phenalen-1-one
1-ナフトエ酸とアルキンから。

[今日描いた構造式] 8-aminoisocoumarin
イサト酸無水物とアルキンから。

[今日描いた構造式] hitoyopodin A
ベンゾビシクロ[3.2.1]オクタン骨格を持つ天然化合物。

[今日描いた構造式] P,P-dimethylformylphosphine
DMFの窒素原子がリン原子に置き換わった構造です。

[今日描いた構造式] allyltriethylsilane
Diels−Alder反応に使われていますが、基質としてではありません。

[今日描いた構造式] 9-(diethylamino)-5H-benzo[a]phenoxazin-5-one
蛍光色素。

[今日描いた構造式] tert-butyl hyponitrite
anti-Markovnikov型のヒドロアミノ化開始剤

[今日描いた構造式] 2-(3,5-di-tert-butylphenyl)pyridine
C-H結合活性化と高原子価の金属元素